ビッグフィッシング

仕掛け図

2021年11月25日(木)放送

今週は、先日行われた「第6回オール阪神杯タチウオ釣り大会」の模様をお送りします。イチバンエイトグループよりのプレゼントもお楽しみに!

★大阪・第6回オール阪神杯タチウオ釣り大会
海新丸主催のオール阪神杯タチウオ釣り大会が大阪・泉佐野で2年ぶりに開催されました。阪神さん、今井浩次さん、吉本美咲アナの番組レギュラー3人に加えて、プロ野球解説者の田尾安志さん、永田まりさんも参加。今回はテンヤの部とジギングの部に分かれて1匹長寸を競います。釣り船7隻に一般公募の100人が乗り込み神戸沖に向かいました。この日は大潮で北東の風が10m以上吹き、タチウオ釣りには厳しいコンディションでしたが、皆さん優勝を目指して真剣な面持ちで竿を出します。各船とも数・形ともに振るわず検寸の結果、ジギングで110cmを釣り上げた男性が優勝しました。参加者には阪神さんたちが北海道で釣ったサケの石狩鍋が振る舞われたほか、じゃんけん大会なども行われ賑やかなイベントとなりました。

【問い合わせ】
海新丸  072-469-2332

2021年11月18日(木)放送

今週は、昨シーズンにプチヒットとなった船からのフグ釣りを、オーナーばりの大東哲也さんと同僚の藤岡裕樹さんが紹介します。

★兵庫・高砂沖で船からのフグ釣り満喫
繊細なアタリの楽しさと食味の良さで関西でも人気の釣り物になってきたフグ釣りがシーズン開幕ということで、オーナーばりの大東さんと藤岡さんが兵庫・高砂市の荒井漁港から出船。ポイントの高砂沖では水深20m~30mをカットウスタイルで攻めます。すると1投目から藤岡さんがフグを釣り上げ幸先よくスタートを切りました。この時期のフグは小ぶりが多く、エサとオモリを底に落し素早く竿を少しだけ上げて誘うと面白いようにフグが連続でHITして爆釣モードに突入します。その後は雨風が強くなり早めの納竿となりましたが、お2人とも笑顔で釣行を終えました。釣ったフグは免許を持っている船長がさばいてくれるので安心です。これから本格的なシーズンに入るフグ釣り、サイズも大きくなって益々楽しめそうです。

【問い合わせ】
浜栄丸  090-5067-0612

2021年11月11日(木)放送

今週はチヌ釣り2本立て。神戸七防黒鯛人のメンバーたちが大阪・北港で年なしチヌを狙いました。全日本チヌ釣連盟のクラブ対抗戦の様子もお伝えします。

★大阪・北港で年なしチヌ狙い
秋を飛び越し一気に冬の気配が漂うなか、神戸七防黒鯛人の長田伸一郎会長と米澤邦和副会長が大阪・北港の関電赤灯に上がりました。赤灯は久しぶりだという事で北港の主・チーム浜番長の鈴木將文さんも参戦しましたが、外向きで小ぶりのチヌを釣り上げただけの気配ゼロで舞洲スリットに移動を決意。移動後は長田さんがいきなりHITで30オーバーを上げ、米澤さんも43cmのナイスサイズを釣り上げホッと一息。その後は鈴木さんが39cmのチヌや長田さんが珍しいグレを釣り上げるなど楽しみますが、目標の年なしクラスは姿を見せません。さらなる大物を狙うべくスリットの1コーナーを攻めると鈴木さんの竿が大きくしなり期待を持たせますが44cmのナイスサイズを上げたところで納竿となり、ちょっと悔しい釣行となりました。

【問い合わせ】
たまや渡船  090-3286-3165

★全日本チヌ釣り連盟クラブ対抗戦
チヌのかかり釣り愛好者らのクラブが加盟する全日本チヌ釣連盟は3団体およそ50人が登録していて、毎年クラブから選ばれた2人が選手として対抗戦を行います。今年は京都・久美浜湾のカセを舞台に熱戦が繰り広げられました。この日は急激な水温低下でチヌの活性が低く、前半はエサ取りのアジが掛かる程度でしたが、潮が動き出すと口を使うようになりカセではチヌとのやり取りを楽しむ様子が幾度となく見受けられました。審査は2人合計の引数で競われますが、3団体とも6匹と同数になり32.5cmの最長寸を釣り上げた松元武吉さんが所属する関西チヌ釣研究会が栄冠に輝きました。

【問い合わせ】
西中渡船  0772-83-0184


2021年11月4日(木)放送

今週は2本立て。オール阪神さんが今井浩次さんたちと和歌山・加太でマダイを狙った釣行と兵庫・家島周辺での船アオリイカの様子を紹介します。

★和歌山・加太でギジエマダイ
ようやく暑さも和らぎ秋の気配が深まったことからオール阪神さん、今井浩次さん、近藤徳幸さんが和歌山・加太でブランドマダイを狙いました。今年は夏の期間が好調でサバフグが出現してからは状況が下降気味だという事で、一抹の不安を抱えながら出船します。仕掛けは伝統的漁法のギジエを使った高仕掛けで全長13m~15mもありますが、3人は手慣れたもので回収や投入の手返しもスムーズ。しかし肝心の本命のアタリは遠く、ハマチやツバスのほかイサギ、アジが時おり竿を曲げる程度で静かな時間が船中を覆います。結局マダイの顔を見ることなく釣行を終え、大ダイ狙いのリベンジを誓っていました。

【問い合わせ】
谷口丸  073-459-0353

★兵庫・家島周辺で船のアオリイカ
秋の風物詩でもあるアオリイカ釣り。ゲーム性と引き味が楽しく、さらには食べて美味しいことから人気の釣り物のひとつです。今回は大潮の日だけ家島周辺でアオリイカ釣りに出船する山本丸に乗船して人気の秘訣をさぐります。

【問い合わせ】
山本丸  090-7961-3607