ビッグフィッシング

仕掛け図

2021年4月8日(木)放送

今週は、新アシスタントの吉本美咲アナが神戸七防黒鯛人の長田伸一郎会長と米澤邦和副会長と一緒にチヌの落とし込み釣りを楽しみました。

★神戸七防でチヌの落とし込み釣り
渡船に乗るのも初めて、チヌを釣るのも初めて、ましてやチヌの専用竿やリールを触るのも初めての吉本アナ。何事にも挑戦あるのみと長田会長と米澤副会長の指導を受けながらチヌの落とし込み釣りに挑戦しました。先ずは仕掛けの作り方やエサの付け方を学び、その後の竿の持ち方や狙うポイントなどは堤防を歩きながら実践。すると釣りはじめから数分後に吉本アナの竿にアタリが出ますが、慌ててしまい残念ながらばらしてしまいます。一方長田会長は一度ばらしたものの2度目のアタリをきっちりと仕留めて39cmのチヌをGET。その直後、吉本アナにアタリが来て米澤副会長のアドバイスを受けながら必死の形相で46cmのチヌを釣り上げます。この日の7防は潮も動かず魚も口を使わずと歴戦の黒鯛人メンバーでさえ大苦戦。その後は米澤副会長が41cmを釣っただけの寒い釣果に終わりましたが、吉本アナはリベンジに熱く燃えていました。
【問い合わせ】
谷一渡船  090-2012-2912
仕掛け


2021年4月1日(木)放送

今週は、オール阪神さんと今井浩次さんが和歌山・日ノ岬沖でカワハギ釣りを楽しみました。吉本美咲アナウンサーも番組アシスタントとして登場します。

★和歌山・日ノ岬沖でカワハギ
ロケ日はまだ水温が低く魚の活性が乏しいことから、本命のカワハギは底付近に居ると判断して、今井さんは中オモリを付けて広範囲で探る作戦を取ります。一方阪神さんはオーソドックスな胴付き3本針でスタート。竿を激しく動かしたり、大きくしゃくったりとバリエーション豊かに誘いをかけると竿を叩くアタリとともに26cmのカワハギをGETします。すると直ぐに今井さんにも小さなアタリが出てから激しく重い引きで24cmのカワハギを釣り上げます。しかしその後はアタリがあっても途中でバレる現象が続きますが、納竿までに阪神さん7匹、今井さん6匹を釣り上げこの時期としては納得の釣果となりました。
そしてこの日から「みさき、釣りはじめました!」のコーナーを飛び出し、アシスタント席に吉本美咲アナウンサーがお目見え。番組進行だけでなくロケにも出て釣りの楽しさをお伝えします。
【問い合わせ】
あしのや丸  090‐7100‐7618
仕掛け