ビッグフィッシング

仕掛け図

2017年3月23日(木)放送

今週は2週連続放送の沖縄シリーズ第1弾。泳がせ釣りで大型カンパチを狙います。チャレンジフィッシングは、人気のタイラバに電動で挑戦します。週末釣場情報もお楽しみに。

★沖縄のカンパチ泳がせ釣り
温かい沖縄で、「みんなで楽しく釣りをしましょう」という企画でしたが、お正月対決で敗れた涼宮がリベンジ宣言。ふたたび阪神・門脇のMCチームと、今井・涼宮のサポートチームの対決になりました。勝負は、カンパチの1匹長寸。まずは久場島沖で敵見方関係なく、エサ用のグルクン釣りからスタート。喰いの悪い中、それでも今井・涼宮チームはポツポツと釣っていきますが、門脇に来るのはゲラ、アカハタ、モンガラカワハギなど「外道」ばかり。十分なエサを確保して、カンパチポイントの渡嘉敷島南に移動します。オマツリ防止のため、竿は各チーム1本ずつで、2人共同してカンパチを狙います。開始早々、ほとんど同時に大物が掛かりますが、上がってきたのはどちらもサメ。続いて、またしてもほぼ同時にカンパチをヒットしますが、阪神チームの76cmに対して今井チームは85cmと一歩リード。しばらく渋い時間帯が続いた後、まずかけたのは阪神チーム。1匹目よりも大きいカンパチが上がってきますが、はたして結果は・・・
☆YOSEMIYA 0120-728-438
仕掛け

★和歌山・加太の電動タイラバ
安田明彦さんが友ヶ島周辺で、電動タイラバを紹介します。当日は風があり、潮の流れも速くオモリを徐々に重くしてタイを狙います。電動リールは常に一定の速度で巻けるので、タイラバとの相性はピッタリ。船中最大59cmのマダイも釣れ、まずまずの釣果になりました。
☆白墨丸 090-9871-1091


2017年3月16日(木)放送

今週は3月1日の解禁日に、揖保川でアマゴを釣ります。チャレンジフィッシングは、磯エギング。涼宮が卒業試験に挑みます。週末釣場情報もお楽しみに。

★解禁!兵庫・揖保川のアマゴ
森魚雨さんが、兵庫県揖保川で、解禁日にアマゴを釣ります。前日に1000匹の成魚放流がありましたが、まだまだ雪も残り気温、水温ともに低く、なかなか釣りにくい状況です。最初に入った揖保川上流引原川の南波賀も、気温2.3度で水温は4.3度しかなく、魚が動かず口も使わないことが心配されます。エサはイクラからスタートしますが、反応がないのでブドウ虫にチェンジ。するとすぐにヒットします。釣り上げたのは32.7cmの立派な尺越えアマゴです。しかし陽が昇っても状況に変化なく、午後には同じく揖保川上流の三方川百千家満に移動しますが、午前中はよく釣れたらしいこの場所も午後はアタラず、残念な納竿になりました。アマゴ釣りはこれからが本番です。春の訪れとともに釣果も上がっていきますので、渓流釣りにもお出かけください。
☆揖保川漁業協同組合 0790-62-6633
仕掛け

★和歌山・串本の磯エギング
涼宮菜月が和歌山県串本で、磯エギングにチャレンジします。涼宮のチャレンジシリーズが始まって1年余り。慣れ親しんだはずの陸エギングで、これまでの成果をチェックします。エギの選択、投入ポイントや棚探りなど、これまで教わってきたことをどこまで実践できるのか。池内さん、吉田さんら、これまでレクチャーを受けてきた先生たちが見守る中、涼宮は合格点をもらえるのでしょうか。
☆しょらさん渡船 090-3465-2626


2017年3月9日(木)放送

今週は「鳴門のメバル&マダイ」と、「尼崎のチヌ落し込み釣り」の2本立て。チャレンジフィッシングはサビキマダイに挑戦します。週末釣場情報もお楽しみに。

★徳島・鳴門のメバル&マダイ
阪神沖釣クラブのメンバー4人が、南淡路から出船して、鳴門海峡周辺でメバルとマダイを狙います。メバル釣りからスタートすると、開始早々に時合がきて、1時間足らずで船中2ケタの釣果。メバルは充分釣れたので、マダイ釣りへ向かいます。ポイントを移動して数分後、メンバーの藤木さんが70cmのスズキ、38cmのマダイを釣り上げます。その後は、前日情報通り厳しい釣行が続きましたが、最後は相談役の和田さんがハネとマダイを釣り上げ、ストップフィッシングとなりました。
☆海幸丸 090-1156-5686
仕掛け

★兵庫・尼崎の落とし込みのチヌ
神戸7防黒鯛人の長田会長、米澤さん、竹田さんが、尼崎フェニックスで落とし込みでチヌを釣ります。前日釣行ではよく釣れましたが、この日は開始早々、長田会長が34vmをヒットしますが、その後は潮止まりもあり、釣れない時間が続きます。ようやくお昼すぎに、米澤さんがこの日最大の50cm、続いて竹田さんも、35.5cmを釣り上げます。非常に厳しい状況でしたが、全員ボウズなくチヌゲットで納竿しました。これからは喰いが上向いてきますので、ぜひみなさんもチャレンジしてみてください。
☆久保渡船 06-6416-0807
仕掛け

★徳島・鳴門のサビキマダイ
フィッシングエイト玉津の安藤さんと小牟田さんが、和田勝也さんの指導でサビキマダイにチャレンジします。この釣りのポイントは、リールを巻くスピードと、何処まで巻くか。大潮で厳しい釣果が予想されましたが、底からゆっくり巻き上げていき、最大60cmの2ケタ釣果と満足なチャレンジになりました。
☆釣り船 つるぎ 088-687-0598


2017年3月2日(木)放送

今週は関西カワハギ界のトップトーナメンター平田善政さんが、カワハギ釣りの楽しさを伝授。門脇佳奈子は激渋の中、大阪湾のタチウオにチャレンジします。週末釣場情報もお楽しみに。

★和歌山・湯浅のカワハギ
平田善政さんと釣り仲間の5人が、和歌山県湯浅町から出船し、日ノ岬沖でカワハギを釣ります。この日は波が高く、水温も前日から2℃下がった中でのスタート。底を取って竿を小刻みに揺らす“タタキ”でアピールし、止めた所で食わしていきます。厳しい状況でしたが、平田さんはコンスタントにカワハギを釣り続け、21匹を釣り上げて納竿としました。
☆乗合船 あしのや丸 0737-62-2271
仕掛け

★大阪・泉佐野のタチウオ
門脇佳奈子が大阪湾でタチウオを釣ります。以前にも経験済みの船タチウオですが、当日は大潮の上に、あいにくの寒波に見舞われてアタリもありません。そんな悪条件化でどんな釣りを見せてくれるのか、今井さんが彼女の成長をチェックします。それでももともと“持ってる”門脇だけに、潮の流れが変わる頃には、風も落ちつき状況が一変。何とかタチウオを数尾ゲットし、さらに終了間際には、この日最大の94センチを釣り上げます。腕も運も光った釣行になりました。
☆海新丸 072-469-2332
仕掛け