心を育てる教育とは?

先日は「キャッチ+」の特集を担当。

「西宮の八百屋の店長 発達障害の看板娘」
発達障害で重度の知的障害のある西宮市の二十歳の女性。
家族の支えで八百屋の店長として奮闘する日々に密着。

野草真菜さんと母・美千代さんの物語です。

真菜さんは特別支援学校ではなく、
地域の小中学校に通いました。
しかも普通学級のみで、支援級は使わなかったそうです。

親としては、地域とつながりたい、
いいお手本がたくさんいる普通学級で過ごして、
我が子を伸ばしてあげたいと思うのは、
自然なことだと思います。

合理的配慮といった言葉もない時代で、
不登校など大変な苦労もあったそうです。

ある日、こんな出来事があったそうです。

中学校での話。お母さんが連絡帳を書いていたら、
「お母さんが毎日書くの、大変だから」と近くの生徒さんが、
代わりに連絡帳を書いてくれたそうです。

そして、その優しい生徒さんはいま、学校の先生をされているそうです。

その生徒さんは、真菜さん親子がいたから、大変な事に気づけたわけです。
障害者も共に学ぶことで“気づき”が生まれる。
これがまさにインクルーシブ教育だと感じました。

この話はVTRに盛り込めませんでした。
知って欲しいお話で、ここに記します。

生きるために生まれてきた命。

障害がある事で、生きづらさを抱えている人たちが、
幸せに暮らせるようサポートが受けられる
寛容な社会になる事を願ってやみません。

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.