2020年03月10日(火曜日) 17:16 地域・まち

新型コロナ 姫路で院内感染か 伊丹のデイケアでも複数

姫路市は10日、9日に感染が確認された女性看護師が勤務する病院で新たに新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表しました。

新たに感染が確認されたのは、姫路市の仁恵病院で勤務する40代の女性看護師と、60代の男性の入院患者です。 2人に目立った症状はないということです。

この病院では8日に50代の女性看護師の感染が判明し、さらに女性の父親の感染も明らかになっています。 病院は9日から外来診療を休診しています。

また10日、丹波市のスシロー氷上店で勤務する男性の感染が判明。スシローによりますと、男性は30代のアルバイト従業員で、厨房で調理などを担当。 2月16日に大阪市のライブイベントに参加していて、3月5日にイベント参加の報告を受け出勤停止にしていたところ、9日午後、保健所から感染の連絡を受け、以降の営業を打ち切り、10日から休業しています。

さらに尼崎市は市内で初めて感染者を確認したと10日午後に会見を開き、伊丹市にあるデイケア施設で施設で働く尼崎市の50代の男性と利用者の伊丹市の80代の男性の感染を発表。 この施設ではすでに80代の女性利用者の感染が判明しています。

また9日夜にも感染者の発表が相次ぎました。

神戸市の50代の女性は3月3日に発熱し、9日に陽性と判明。 市内の病院に入院していて、軽症だということです。

女性は東灘区の認定こども園「聖ニコラス天使園」の保育士で、7日はマスクを着けて勤務しきのうは休んでいましたが、勤務中、園児との接触はあったということです。こども園は10日から2週間休園にしています。

神戸市は今後、園児106人と他の職員ら49人の体調を確認するとともに、感染経路についての聞き取りなどを行うことにしています。 兵庫県内の感染者は合わせて20人となっています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP