2020年02月14日(金曜日) 23:38 地域・まち

人口減対策や子育て支援など 神戸市が新年度当初予算案発表

神戸市は、総額で1兆8592億円の新年度当初予算案を発表しました。

神戸市が発表した新年度当初予算案は、総額1兆8592億円と、前年度を3.3%上回りました。 一般会計は8387億円で、新年度の市税の収入は3064億円と、前の年から23億円減り5年ぶりに減少に転じました。

主な取り組みです。駅周辺のリノベーションに201億8700万円を計上しています。 三宮周辺エリアの再開発に加え、名谷駅や垂水駅などの周辺を整備し、定住人口の増加を目指します。

さらに、中学校の給食費を全世帯半額に引き下げるなど子育て世帯の経済的負担の軽減に6億1400万円を充てます。

新年度当初予算案は、今月18日から始まる定例市議会で審議されます。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP