2019年11月16日(土曜日) 15:21 地域・まち

スキーヤーが初滑り楽しむ 六甲山スノーパーク オープン

六甲山の人工スキー場が11月16日、オープンし待ちかねたスキーヤーらが朝から今シーズンの初滑りを楽しみました。

兵庫県神戸市灘区にある「六甲山スノーパーク」は関西圏内で最も早くオープンするスキー場として親しまれています。

16日のオープニングセレモニーにはプロスノーボーダーの赤田佑弥さんが登場し華麗なパフォーマンスでシーズンの始まりを祝いました。

また、コスプレのスキーヤーが無料となる初日の朝限定のサービスもあり客たちは様々なキャラクターの扮装で白銀のゲレンデにシュプールを描きました。

近年、スキー人口が落ち込む中都心部に近いこのゲレンデには昨シーズン過去最高のおよそ14万6000人が訪れています。

「六甲山スノーパーク」では2020年3月29日まで、休みなしでの営業を予定しています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP