2019年10月21日(月曜日) 13:28 地域・まち

三宮の人気カレー店「サヴォイ」閉店の危機!

神戸市中央区。三宮センター街の地下1階。ここにおよそ30年続くカレーの名店があります。

その名も「サヴォイ」。10席のカウンターが、いつも満席になる、人気のお店です。

たっぷりの野菜と香辛料で仕上げた「ビーフカレー」は、サラダがついて、650円とリーズナブル。お店のメニューはこの一品のみです。オーナーの村田麗子さんが考案しました。

(サヴォイオーナー 村田麗子さん)
私が家で作っていたカレーをそのまま持ってきたんです。
花隈で喫茶店やってて、そこでいっぱい注文があるから、「じゃあカレー屋をしよう」ということでここに来たんです。

-お客さんは
(男性)めっちゃおいしい。一回食べたらやみつきになる。
(男性)おいしかったよ。若いときからずっと通っている。

長年多くの人から愛されているカレー店なのですが、実は今、休業の危機を迎えているんです。

(村田さん)
私が70歳だからね。一回辞めようと思ったんです、本当に。

オーナーの年齢に加え、カレー作りなどのお店の切り盛りをする人手が足りないため、10月末での休業を考えていました。

しかし、オーナーの長男が「店がなくなるのは寂しい」と、SNSで現状と従業員募集を呼びかけたところ、それを見たお店のファンらが情報を拡散。多くの人に休業の危機が知れ渡りました。

(村田さん)
カレーを大事に好きで続けていただけたら、一番ありがたいです。

30年続く神戸の人気カレー店「サヴォイ」。お店の味を受け継ぐ人は現れるのでしょうか。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP