2019年10月18日(金曜日) 22:20 地域・まち

たつの市「播磨の小京都」を重要伝統的建造物群保存地区へ

国の文化審議会は10月18日、兵庫県たつの市龍野地区を重要伝統的建造物群保存地区とするよう、文部科学大臣に答申しました。

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されるのは、旧城下町の町並みが残り「播磨の小京都」ともいわれ、江戸から昭和にかけての町家などが立ち並ぶたつの市龍野地区です。

地区には龍野の地場産業として400年以上の歴史を持つしょうゆ関連の施設も数多く、伝統的建造物が歴史的な景観を保ち、地域の特色としてその価値が高いと判断されました。

指定を受けるのは、県内では豊岡市や丹波篠山市などに続き6カ所目となります。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP