2019年09月12日(木曜日) 16:51 地域・まち

災害時に必要な支援を 障害者支援団体が市に要望書提出

兵庫県の障害者支援団体が災害時に障害者にとって必要な支援を求める要望書を9月12日、神戸市に提出しました。 

要望書を提出したのは、障害者の支援を行う「兵庫障害者連絡協議会」です。 

協議会では、県内の障害者とその家族に生活の中で抱える課題について聞き取りを行い、市や県に要望を伝え続けています。 

今回の要望は、防災対策についてなど合わせて45項目に上り、この中で、神戸市が災害時、特別な配慮が必要な人のために福祉避難所として指定している施設について、段差があるなどバリアフリーが進んでいないケースもあり設備が不十分だとして改善を求めています。 

兵庫障害者連絡協議会は、神戸市に対し11月中を目途に話し合いの場を設けるよう求めています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP