2019年09月12日(木曜日) 12:19 地域・まち

20日開幕 ラグビーワールドカップ 会場でのテロを想定した図上訓練

9月20日に開幕するラグビーワールドカップを見据え、試合が開催される神戸の会場で化学剤がまかれたという想定の図上訓練が行われました。

この図上訓練は、9月20日に開幕するラグビーワールドカップの試合会場となっているノエビアスタジアム神戸で、何者かが化学剤を散布したうえ、市営地下鉄御崎公園駅で爆発物が見つかったという想定で行われました。

訓練には神戸市の職員や消防隊員などおよそ70人が参加。消防から連絡を受けた職員は、指揮班や広報班などに分かれ地図を見ながら現場の情報共有を行ったほか、緊急消防援助隊や自衛隊の派遣要請の手順を確認していました。

神戸では、9月26日のイングランドアメリカ戦など4試合が行われる予定で神戸市は12日の訓練の課題を確認し、不測の事態に備えたいとしています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP