2019年08月19日(月曜日) 22:05 地域・まち文化・スポーツ

明石商業 甲子園・準決勝に向け前日練習

  • 19日は午前8時前から練習開始

  • 明石商業のグラウンド(兵庫県明石市)

  • 明石商業・狭間善徳監督

夏の全国高校野球、明石商業は20日の履正社との準決勝を前に最後の調整を行いました。

18日、初のベスト4進出を決めた明石商業。

強力打線の履正社との準決勝を20日に控え、19日は午前中から学校のグラウンドで最終調整を行いました。

バッティング練習では、狹間監督自らもバットを持って1人1人にアドバイス。

履正社のエース清水投手を想定し、変化球の見極めを意識しながら打席に立ちました。

またそれぞれの選手がポジションについてノックを受けたほか、足を生かして得点につなげるため走塁の確認をするなど、およそ3時間にわたり汗を流しました。

明石商業は20日、午前9時から予定されている準決勝第一試合で履正社と対戦します。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP