2019年08月14日(水曜日) 17:52 地域・まち

15日終戦の日 戦没者追悼式に向け神戸から出発

終戦の日を15日に控え、東京で開かれる全国戦没者追悼式に参加する県内の遺族らが神戸を出発しました。

JR新神戸駅では追悼式に参列する県内の戦没者の子や孫など84人が集まり、出発を前に結団式が開かれました。

県によりますと、全国の戦没者はおよそ310人万とされていて兵庫県でも10万9000人を超える県民が犠牲になりました。

兵庫県遺族会では2016年に青年部を発足させていて現在、150人程度で戦争の記憶を若い世代へつなぐ活動を続けています。

全国戦没者追悼式は15日東京の日本武道館で開かれ、全国から6000人の遺族が参加するということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP