2019年07月22日(月曜日) 15:12 地域・まち

若き親善大使が丹波市を訪問 国際交流に注力

国際交流に力を入れる丹波市に、22日、アメリカから9人の高校生が来日し、若き親善大使として谷口市長を表敬訪問しました。

姉妹都市を結ぶ丹波市を訪れ谷口市長を表敬訪問したのは、アメリカ・ワシントン州のケント市とオーバン市から来日した9人の高校生たちです。

丹波市は、1968年にケント市とオーバン市と姉妹都市の提携を結んで以来、互いに中高生を派遣するなど50年以上にわたり若者の国際交流に力を入れています。

アメリカからの若き親善大使たちは、今月29日まで丹波市に滞在し、ホームステイをしながら日本文化を学びます。

来月には、丹波市の中高生たちがケント市とオーバン市を11日間の日程で訪れるということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP