2019年07月08日(月曜日) 11:13 地域・まち

【部活中継】23年ぶり男子団体優勝~東洋大学附属姫路高校剣道部

姫路市書写にある創立1963年、東洋大学附属姫路高校を松浦アナが紹介します。

(松浦アナ)こちらの学校は5年前に中高一貫校になりました。今日は県総体で優勝した強い剣道部を紹介していきます。
まずは学校について教えてもらいましょう。上角先生よろしくお願いします。

難関国公立を目指す中高一貫コース、ことし国立大学の医学部医学科の現役合格を出したスーパー特進コース、スポーツに特化した体育コースなど5つのコースがあります。(上角教諭)

校舎は6年前に改装してとてもきれいです。こちらの学校は部活動に力をいれているということで、こちらにはずらりとトロフィーが並んでいます。

これは野球部のトロフィーで昭和52年に甲子園で優勝した時の盾です。(上角教諭)

この学校の特徴というのがこの廊下の先にあるんです。校長室の部屋が空いてるんです。いつもこんな風に開いているんですか?

開放的でいいでしょう?ドアが閉まっていると私に会いに来たい生徒が入りにくいですから。雑談したりとか悩み、相談を聞いていますよ。(橋本校長)

創立1963年、生徒数1063人、クラブの数は28あります。

紹介する部活は県総体で優勝した剣道部です。「サンテレビ松浦」と胴着を用意をしていただきました。私、剣道の経験がありませんので剣道デビューです。

もうすごい勇ましい声が聞こえています。主将の山本さんに話を聞きます。

Q、部員数は?

男子17人、女子15人です。 

Q、23年ぶりに県総体を優勝、強さの秘密は?どのような練習を?

自分達は基本を大事にしてるので特に特別なメニューはないです。

(松浦アナ剣道体験)

・切り返し
・掛かり稽古

掛け声は「ヤー!」「メン!」

Q、練習時間は?

一つのメニューだけで一時間くらいはしています。

竹刀の音、床の振動、見ているだけで強さが伝わってきます。
ストイックに頑張って精神力も鍛えられるし体も強くなるって事なんでしょうね。これからも是非、頑張っていただきたいと思います。東洋大学附属姫路高校剣道部を紹介しました。

-7月3日放送「情報スタジアム4時!キャッチ」より

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP