2019年07月03日(水曜日) 18:12 地域・まち

姫路の園児が水中座禅に挑戦

姫路市の夢前川で3日、地元の幼稚園児たちが川の水につかりながらの水中座禅に挑戦しました。

3日、姫路市の夢前川の河原で、地元の幼稚園・瑞松学院の園児50人が50年近く続く夏の恒例行事の水中座禅に挑戦しました。 瑞松学院は曹洞宗景福寺が運営する幼稚園で、毎日の保育の中で座禅を取り入れています。

3日の姫路市内は梅雨前線の影響で雲が広がり、最高気温が25.1度と平年より3度以上度低く、暑い日であれば、水温が20度を超えますが、3日はわずか18度。 それでも園児たちは、冷たさに辛抱しながら川の中で座禅を組み、真剣な表情で気持ちを集中させていました。

園によりますと、座禅を通して、忍耐力や集中力を身に着ける園児も多いということです。 水中座禅を終えた園児たちは、元気いっぱい川で水遊びを楽しんでいました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP