2019年06月07日(金曜日) 12:17 地域・まち

間もなく梅雨入り 県南部で夕方にかけて大雨か

近畿地方は、前線を伴った低気圧が近づいている影響で雨が降っていて、兵庫県南部では、7日夕方にかけて激しい雨となる恐れがあり気象庁が土砂災害への警戒を呼び掛けています。

神戸地方気象台によりますと、7日の県内は、前線を伴った低気圧が朝鮮半島から日本海へ進むため雨や雷雨となり、南部では夕方にかけて局地的に雷を伴って激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。

神戸・三宮でも朝から雨と風の中、傘を手に足早に職場へと向かう人たちの姿が見られました。

8日正午までの24時間降水量は、多いところで北部で60ミリ、南部で100ミリと予想されていて、気象庁が河川の増水や土砂災害への警戒を呼び掛けています。

近畿地方は、間もなく梅雨入りする見込みです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP