2019年05月16日(木曜日) 12:19 文化・スポーツ

淡路島出身の芸術家 自然をモチーフにした展覧会

淡路島出身のグラフィックデザイナー、山田宗宏さんが島の風景を描いた作品などを紹介する展覧会が淡路市で開かれています。

お寺の周りを飛び回るトンボの群れ。夕方、部活帰りの少年の姿。淡路市の複合リゾート施設・淡路夢舞台で開催されているのは、「山田宗宏グラフィックアート展〜溢れる自然のモチーフ〜」です。

会場には、淡路島出身の山田さんによる、花々や昆虫など、自然あふれるふるさとを描いた風景画をはじめ、サンバなどブラジルの音楽を聞いて思い浮かんだ映像をビジュアル化した作品などが展示されています。

この展覧会は、今月26日まで淡路夢舞台で開かれていて、入場は無料となっています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP