2019年04月25日(木曜日) 12:11 地域・まち

JR福知山線脱線事故から丸14年 事故現場で追悼慰霊式

乗客106人と運転士が亡くなった尼崎のJR福知山線脱線事故から25日で丸14年となりました。

JR西日本は事故現場で初めての追悼慰霊式を開きました。 事故が起きた時刻と同じ午前9時18分ごろ。 追悼の警笛が鳴り響き静かな祈りが捧げられました。

2005年4月25日、JR福知山線の塚口・尼崎間を走行していた快速電車が脱線。 マンションに激突し乗客と運転士合わせて107人が死亡、562人が重軽傷を負いました。

JR西日本はマンションの一部を保存して屋根で覆ったほか、慰霊碑や犠牲者の名前を刻んだ銘碑を設置し、現場を犠牲者を追悼する施設「祈りの杜(もり)」として整備しています。 

ことしは事故現場の「祈りの杜」で初めて追悼慰霊式が営まれJR西日本の来島達夫社長が「安全で安心な鉄道を作る」と事故の再発防止を誓いました。また、事故で長男の満さんを失った伊丹市の斉藤百合子さんが「慰霊のことば」を述べました。

式には多くの遺族が訪れ、亡き人の面影をしのびました。 事故から25日で丸14年。多くの犠牲を出した企業の安全への取り組みに終わりはありません。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP