2019年04月18日(木曜日) 18:02 事件・事故地域・まち

芦屋市議会議員選挙 候補者の所属名を間違って表記

今月21日に投開票される芦屋市議会議員選挙で、期日前投票所に掲示された候補者の所属名に誤りがあることが分かりました。 芦屋市議会議員選挙は今月14日に告示され、定数21に対し29人が立候補しています。

芦屋市選挙管理委員会によりますと、期日前投票は市内2カ所で15日から始まっていて、記載台に掲示した14枚の候補者リストで、党の公認を受けた女性候補者の所属が間違って無所属となっていたということです。

間違いは17日投票に来た人から「選挙広報と表記が違っているのではないか」と指摘を受け発覚。 18日からは正しい候補者リストが掲示されていて、17日までに4153人が投票を終えているということです。

表記を間違えた候補者にはすでに報告し、謝罪したということです。選管は本来行うべきダブルチェックを怠ったことが原因と認め、再発防止に向け複数人でのチェックを徹底するとしています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP