2019年04月18日(木曜日) 12:56 事件・事故

山口組系組員の男を逮捕 神戸山口組系組長襲われ重傷

18日未明、神戸市中央区の路上で指定暴力団神戸山口組系の組長が男に刃物で刺され重傷を負いました。

警察はその後、出頭してきた指定暴力団山口組系組員の男2人を逮捕していて、詳しい状況を調べています。

18日午前0時すぎ、阪神電車の春日野道駅から北におよそ100メートルの神戸市中央区筒井町の路上で、指定暴力団神戸山口組傘下団体の與則和組長(65)が、北に向かって歩いていたところ、後ろから来た男に突然刃物のようなもので刺されました。

警察によりますと與組長は飲食店を出て女性と2人で歩いていたということで、尻と肩などを刺され大けがを負いましたが命に別条はないということです。

その後、「刺したのは自分」と話す男たちが出頭して来たため、警察は殺人未遂の疑いで男2人を逮捕。 逮捕されたのは指定暴力団山口組系組員の呉光弘容疑者(56)と堀田幸弘容疑者(52)で、調べに対し呉容疑者は「刺したことは間違いないが殺すつもりはなかった」などと容疑を一部否認、堀田容疑者は容疑を否認しているということです。

2人が乗っていたレンタカーからは包丁も見つかっていて、警察は呉容疑者が実行役、堀田容疑者が逃走車両の運転役とみて、詳しいいきさつを調べを進めています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP