2019年04月11日(木曜日) 18:56 地域・まち

没後130年 鬼才!河鍋暁斎の作品展

幕末から明治初期にかけて活躍した絵師・河鍋暁斎の作品を集めた特別展が、兵庫県立美術館で開かれています。

この特別展は、絵師・河鍋暁斎の没後130年に合わせて開催されたもので、会場には、びょうぶ絵や掛け軸などおよそ200点が展示されています。

河鍋暁斎は、激動の時代だった幕末から明治にかけて活躍した売れっ子絵師で、大衆受けする錦絵や妖怪画などを得意とする一方、仏画も制作するなど幅広い作品を手掛けました。

作品のひとつでは、死を迎え、骸骨になった後でも、美女の色香に迷う男たちの様子を個性豊かに描いていて、暁斎の独自の視点がうかがえます。

この特別展は、5月19日まで開かれていて、4月30日からは、展示作品を入れ替えるということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP