2019年03月15日(金曜日) 16:03 地域・まち

イチゴの名産地・神戸市北区 シーズン開始を祝い開園式/兵庫県

イチゴの産地として有名な兵庫県神戸市北区でイチゴ狩りのシーズンが始まるのを祝い、15日、地元の幼稚園児らを招待して開園式が行われました。

15日、神戸市北区の観光イチゴ園で、本格的なイチゴ狩りのシーズンを迎えるのを祝って開園式が行われ、関係者らが出席しました。

神戸市北区では1920年ごろからイチゴ栽培が始まり、イチゴの産地として全国的に知られるようになりました。 
現在、北区と西区の観光農園では、25軒の農家がイチゴを栽培。

ここファーマシア久保農園でも、大粒で柔らかく甘みが強い章姫や、甘酸っぱくて濃厚な味わいが楽しめる紅ほっぺなど数種類のイチゴが育てられています。

開園式のあとは招待を受けた地元幼稚園に通う園児らがビニールハウスでひと足早いイチゴ狩りを体験。
慣れない手付きで1つ1つ丁寧に摘み取っていました。

神戸市北区のイチゴ狩りは、16日オープンを迎え、料金は45分で大人1700円だということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP