2019年03月05日(火曜日) 15:46 文化・スポーツ

阪神タイガース 西宮神社で必勝祈願祭

今月29日の開幕を控えたプロ野球・阪神タイガースの選手らが5日、西宮神社で恒例の必勝祈願を行いました。

午前10時前、六甲おろしが鳴り響く西宮神社に、阪神タイガースの新監督、矢野燿大監督をはじめ、選手や球団関係者らおよそ160人が必勝祈願に訪れました。 この必勝祈願は、1962年のリーグ優勝の翌年から毎年行われている恒例行事で、矢野新監督や、球団オーナーらが玉串を奉納して必勝を誓いました。

今シーズンは、ショートの復帰を狙う鳥谷選手や、40歳を超えていまだ現役の福留選手らベテラン陣に加え、ドラフト1位の近本選手やドラフト3位の木浪選手らのルーキーたちがオープン戦で結果を残していて、昨シーズン最下位に沈んたチームの再建を託された矢野新監督に期待が寄せられます。

開幕戦は、今月29日京セラドームでヤクルトと対戦します。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP