2019年02月11日(月曜日) 15:54 地域・まち

11日は旧暦の「人日の節句」 「七草がゆ」で健康祈願

旧暦の「人日の節句」にあたるきょう、若草を食べて、元気になってもらおうと神戸市北区の公園で「七草がゆ」がふるまわれました。

この催しは、セリやナズナなど春の七草を味わい、1年の健康を祈願しようとあいな里山公園が企画したものです。 あいな里山公園では、春の七草すべてが自生していて、参加者らは公園に生えている七草を観察。

その後、七草がゆを作るときに歌う「七草囃子」を口ずさみながら、包丁などを使い七草を細かく刻みます。

参加者らは、七草がゆを食べながら春の訪れを喜ぶ昔の風習を学んでいました。

いな里山公園では、今後も季節の野草を食べる催しを開いていきたいとしています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP