2018年12月09日(日曜日) 21:40 地域・まち

【特集】子育てと仕事の両立を 子ども連れで働けるカフェ

子どもがいても働くのを諦めたくない。

そんなママたちが子どもを連れて働けるカフェが、この程神戸市内でオープンしました。

午前10時、スタッフが次々に出勤してきます。 田中恵梨さんは、きょうも2歳の長男奏多くんを連れてきました。

神戸市長田区の六間道商店街にある「健康親子カフェここから」では、7人のママが3人1組のシフト制で午後3時まで働いています。 調理場に2人。

そしてもう1人は、託児スペースでスタッフの子どもたちの面倒をみます。

このカフェは、神戸のNPO法人「ママの働き方応援隊」が運営。 母親が乳幼児と一緒に学校や高齢者施設を訪れる「赤ちゃん先生プロジェクト」の活動の中で、参加するママの中から短時間でも働きたいという声が多く上がり、働く場所づくりのため10月にオープンしたということです。

製薬会社で正社員として働いていた田中さんは、結婚後に退職。 子どもが生まれてから、仕事復帰のタイミングについて悩んだといいます。

子どもが3歳までは自分自身で面倒を見たいけれども、働くのも諦めたくない。 そんな思いからここで働き始めました。

調理の合間を縫って育児の情報交換も。 貴重な時間です。

お弁当のメニューは、管理栄養士でもあるスタッフの木米華奈さんが考えます。

カフェでは、小さな子どもがいても利用しやすいスペースを設けています。

子育てをしながらでも無理なく働ける職場を。

親子カフェの試みはこれからも続きます。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP