2018年12月07日(金曜日) 15:17 地域・まち

拉致被害者の資料など展示 拉致問題啓発パネル展

多くの市民に北朝鮮による拉致問題への関心を高めてもらおうと、パネル展が、12月7日から兵庫県神戸市内で開かれています。

このパネル展は、12月10日から始まる「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」にあわせて神戸市が企画したもので、パネルなどを使い、拉致被害者に関する資料やこれまでの市の取り組みが紹介されています。 日本政府が、北朝鮮による拉致被害者として認定しているのは17人で、兵庫県内では有本恵子さんと田中実さんが確認されていますが、いずれも真相究明には至っていません。 

会場には、拉致被害者のひとり、横田めぐみさんの両親のつらい思いを訴えるアニメ「めぐみ」の上映も行われています。 この展示会は、神戸市立青少年会館で12月16日まで開催される予定です。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP