2018年12月06日(木曜日) 17:52 文化・スポーツ

関学・多田修平選手が東京五輪「金」宣言 住友電工入社へ

  • サンテレビニュース)関学・多田修平選手が東京五輪「金」宣言 住友電工入社へ

陸上短距離の多田修平選手が来年4月から住友電工へ入社することが発表され、東京オリンピックへ向けた抱負を語りました。

大阪市内の住友電気工業本社で会見に臨んだのは、去年6月に追い風ながら男子100メートルで国内初の9秒台を記録した、関西学院大学4年の多田修平選手(22)です。

多田選手は去年8月、世界選手権男子400メートルリレーで銅メダルを獲得。ことし8月のジャカルタ・アジア大会では、男子400メートルリレーで20年ぶりの金メダル獲得に貢献しました。

来年春からは住友電工陸上競技部に所属することが発表され、2020年の東京オリンピックで金メダル獲得を宣言しました。

多田選手は今後、陸上部が活動する関東に拠点を移し、オリンピックを見据えてナショナルトレーニングセンターなどでより専門的な指導を受ける予定です。

あわせて読みたい

PAGE TOP