2018年11月27日(火曜日) 17:12 地域・まち

来年1月17日の追悼行事 竹灯ろうの文字の公募始まる

来年1月17日に開かれる阪神淡路大震災の追悼行事「1・17のつどい」で、竹灯ろうを並べて作る文字の公募が27日から始まりました。 

毎年、兵庫県神戸市の東遊園地で開かれる「1・17のつどい」では、実行委員会がより多くの人に一緒に震災のことを考えてもらおうと、3年前から竹灯ろうを並べて作る文字の公募を開始。 ことしは、172件の応募の中から「伝」という文字が選ばれました。 

応募期間は来年1月9日までで、はがきやホームページなどで受け付けています。 

また、実行委員会はフェイスブックジャパンと組み、来年1月17日に向けて震災発生当時の写真や動画を時系列で発信する取り組みを進めていることを発表。

若い世代に関心を示してもらえるよう、フェイスブックやインスタグラムでアーカイブ化したいということで、当時の写真などを持っている人にSNSや追悼行事の会場で協力を呼び掛けるということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP