2018年11月08日(木曜日) 17:13 事件・事故

加古川女性遺棄事件 20歳男を殺人容疑で再逮捕

  • サンテレビニュース)加古川女性遺棄事件 20歳男を殺人容疑で再逮捕

加古川市のダムでことし8月女性の遺体が見つかった事件で、警察は死体遺棄の罪で起訴されている20歳の男を、8日殺人の疑いで再逮捕しました。 

この事件は、ことし8月加古川市の権現ダムの湖で、大阪市淀川区の小西優香さん(当時20)の遺体が衣装ケースに入れられて見つかったもので、大阪市西区のスカウト業・森翔馬被告(20)と、知人で大阪市生野区の無職・稲岡和彦被告(42)が死体遺棄の罪で起訴されています。

警察によりますと、小西さんの首には絞められたような痕があり、防犯カメラの映像などから森被告が自宅マンションで小西さんを窒息させて殺害したとして、殺人の疑いで再逮捕しました。

調べに対し、森被告は「黙秘します」と述べているということです。

あわせて読みたい

PAGE TOP