2018年09月25日(火曜日) 17:20 地域・まち

小さな命を救え! 1歳3カ月の心臓病を抱える男児に募金活動

重い心臓病と闘う兵庫県尼崎市の1歳の男の子の両親らが、海外で心臓移植をするため手術費用の募金を呼び掛けています。

尼崎市の川崎翔平くん・1歳3カ月は、心臓の血液を送る機能が低下する拡張型心筋症と診断されて、生まれてから現在まで病院で補助人工心臓をつけたまま生活しています。

翔平くんには一刻も早い心臓移植が必要だということで、両親や支援者らは受け入れが決まっているアメリカでの移植を目指し、手術費用など3億5000万円を集めたいとして支援を呼び掛けています。

両親と支援団体「しょうへいくんを救う会」は街頭募金のほか、インターネットなどでも支援を呼び掛けていて、翔平くんを早く家に連れて帰ってあげたいと訴えています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP