2018年09月14日(金曜日) 17:22 地域・まち

神戸製鋼の火力発電所 周辺住民が計画差し止め求め提訴

  • 神戸製鋼の火力発電所 周辺住民が計画差し止め求め提訴

神戸製鋼所が兵庫県神戸市灘区に石炭火力発電所を増設する計画を巡り、住民らが建設と稼働の差し止めを求める訴えを神戸地裁に起こしました。

訴えを起こしたのは、神戸市や西宮市などの住民らおよそ40人です。 訴えによりますと、神戸製鋼所は2021年までに神戸市灘区の製鉄所内に石炭火力発電所の増設を検討。

住民らは、発電所から排出される大気汚染物質により平穏な生活が脅かされ、また、地球温暖化を加速させるなどとして神戸製鋼や関西電力などに対し、建設と稼働の差し止めを求めています。

これまで神戸製鋼は、「環境や騒音などへの影響に問題はない」とする調査結果を国に報告していますが、住民らは基準そのものに問題があるとしています。

提訴を受け神戸製鋼は、「事実確認ができておらずコメントを差し控える」としています。

あわせて読みたい

PAGE TOP