2018年09月06日(木曜日) 17:19 事件・事故

「三代目JSB」偽グッズ所持 男に執行猶予付きの有罪判決/兵庫県

  • サンテレビニュース)「三代目JSB」偽グッズ所持 男に執行猶予付きの有罪判決

人気グループ「三代目J Soul Brothers」の海賊版のグッズを販売目的で所持していたとして、商標法違反の罪に問われていた男に対し、神戸地裁は執行猶予が付いた有罪判決を言い渡しました。

判決を受けたのは、福岡市に住む雑貨類製造販売業の谷本拓也(46)被告です。 判決によりますと谷本被告は、去年11月からことし4月にかけ、西宮市の露天商の男と共謀し、西宮市や福岡市などで人気グループ「三代目J Soul Brothers」の偽のロゴを使用したタオルや手提げかばんなど、およそ1250点を販売目的で所持し芸能事務所の著作権を侵害しました。

6日の判決で神戸地裁の安達拓裁判官は、「ネットで入手したデータを用いて、海賊版のグッズを作るなど被告人の犯した罪は大きい」と指摘した一方で、「店を廃業し、罪を認めた上で反省の弁を述べている」として、谷本被告に対し懲役2年・罰金100万円執行猶予4年の判決を言い渡しました。

あわせて読みたい

PAGE TOP