2018年08月31日(金曜日) 15:22 地域・まち

但馬牛の生産地 香美町生まれの子牛の品評会

但馬牛の生産地として知られる兵庫県香美町で生まれた子牛の品評会が31日開かれました。

新温泉町の「美方郡農村総合研修センター」で開かれた品評会には、去年12月からことし2月までに香美町内で生まれた子牛42頭が出品されました。 この品評会は、新温泉町と並ぶ但馬牛の産地である香美町が、町内で生まれた子牛の品質向上と生産意欲の増進を目的に年に2回行われています。

31日は全国和牛登録協会の資格を持つJAの職員などが審査員となり、子牛の体格や毛並みなどをポイントに1頭ずつ丁寧に見て回り、慎重に審査していきました。

3月以降に生まれた子牛を対象とした品評会は、11月に開かれる予定です。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP