2018年08月13日(月曜日) 17:12 地域・まち

1億年前の世界から? 神戸で“動く”恐竜展/兵庫県

恐竜たちの迫力を間近で体験できる博覧会が兵庫県神戸市で開かれ、夏休み中の家族連れらで賑わっています。

暗闇の中、うごめく恐竜たち。 まるで1億年前の世界からタイムスリップしてきたかのようです。 神戸・ポートアイランドの神戸国際展示場で開かれている「神戸大恐竜博」は、リアルな恐竜の魅力を体験してもらおうと企画されたものです。 中でも一番の魅力は、全長およそ15メートルのティラノサウルスやトリケラトプスなど実物大の14体の“動く”恐竜たち。 会場にはこのほか、恐竜がいたころの世界を体感できるVR=ヴァーチャルリアリティーや、恐竜の骨のレプリカが展示されているコーナーもあり人気を集めています。 子どもたちから大人までがそのリアルさに引き込まれてしまう神戸大恐竜博は、今月21日まで開かれています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP