2018年07月17日(火曜日) 18:07 地域・まち

地上300メートルから眺める 大阪の夜景をひとり占め/大阪府

日本一高いビル「あべのハルカス」の頂上部分を屋外散歩できるアトラクションが夜間営業を開始するということで、記者が体験取材しました。

大阪府大阪市阿倍野区にある高さ300メートル、日本一のビル「あべのハルカス」。 このビルの屋上で体験できるのは、日本でここだけの新感覚アトラクション「エッジザハルカス」。 このアトラクションは、展望台のさらに上に上がり、地上300メートルの断崖絶壁を命綱1本で歩くというものです。 昼から夜になると。アトラクションは、ことし3月から日中に限り営業されていましたが、今月14日から夜間営業を開始しました。 昼に比べ夜には、住宅地の明かりや高速道路を走る車の光など、きらめく夜景に包み込まれるような体験ができます。 天気が良ければ、大阪・天保山の観覧車や明石海峡大橋なども見渡せます。 さらに、足の付け根ほどの高さしかない柵をのり出す「スリル体験」は、夜でも楽しめます。 このアトラクションは1回7分。 アトラクションの参加料は1000円で、記念写真代も含まれています。 高さ300メートルで夜景を楽しみ、暑ーい夏を乗り切ってみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP