2018年07月06日(金曜日) 17:38 事件・事故

校門圧死事故から28年 高校で関係者が献花/兵庫県

兵庫県神戸市の県立高校で女子生徒が校門に挟まれ亡くなった事故から丸28年となった6日、関係者らが献花に訪れました。 

神戸市西区にある県立神戸高塚高校では、時折激しい雨が降る中犠牲になった女子生徒を悼み花が手向けられました。 この高校では28年前、当時1年生だった石田僚子さんが登校する際、男性教諭が閉めた校門に頭を挟まれ亡くなりました。 事故から丸28年が経った6日、卒業生や当時勤めていた教諭などが献花に訪れ石田さんを忍びました。 集まった人たちは、学校での事故防止や安全への誓いを新たにしていました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP