2018年07月06日(金曜日) 15:20 事件・事故

大雨で交通機関の運休も 県内の被害状況は/兵庫県

  • サンテレビニュース)大雨で交通機関の運休も 県内の被害状況は

5日からの大雨の影響で、兵庫県内では交通機関などに大きな影響が出ています。 気象庁は引き続き土砂災害や河川の増水への警戒を呼び掛けています。

5日から降り続く大雨により、JR西日本は始発から西明石ー京都間で新快速・快速の運転を見合わせているほか、西明石ー姫路間は全ての電車が運休するなど通勤通学に影響が出ています。 JR宝塚駅では福知山線が運転を見合わせているため、バスを待つ多くの人で混雑が見られました。 神戸電鉄も始発から全線で運転を見合わせていて、運転再開のめどは立っていません。 山陽新幹線では新神戸ー西明石間で土砂が流入したとみられ一時運転を見合わせていましたが、およそ3時間後に運転を再開しています。 道路にも影響が出ています。 神戸淡路鳴門自動車道は、神戸西ICから津名一宮ICの上下線が通行止めとなっています。 県内では神戸市と三田市の一部で避難指示が、神戸市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、三木市、猪名川町の一部の住民に避難勧告が出されていて、19の市町で避難所が設けられ300人以上が避難しています。 県内各所で土砂崩れなども発生していて、県は注意を呼び掛けています。

あわせて読みたい

PAGE TOP