2018年04月15日(日曜日) 11:35 地域・まち

恒例の「そば喰い大会」出石名物の皿そば枚数競う/兵庫県

春の観光シーズンでにぎわう兵庫県豊岡市出石町で、皿そばの食べた枚数を競う恒例の「そば喰い大会」が開かれました。 この大会は出石名物の皿そばをPRしようと、毎年桜まつりに合わせ開かれているものでことしで46回目です。 大会は個人戦と団体戦それに家族円満戦の3部門で争われ、全国からおよそ280人が参加。 参加者たちは「噛むな、休むな、味わうな」の掛け声とともに、次々に差し出される皿そばを猛烈なスピードで口に運んでいました。 激戦の結果、個人戦では猪名川町の和田臣哉さんが100枚を食べ優勝。 家族円満戦では、滋賀県から訪れた中安さんチームが大会記録となる121枚を平らげ優勝を果たしました。

あわせて読みたい

PAGE TOP