2018年04月13日(金曜日) 11:53 文化・スポーツ

「リカちゃん」がずらり 明石市立文化博物館/兵庫県

誕生から50年を迎える着せ替え人形の「リカちゃん」にフォーカスを当てた展覧会が、明石市立文化博物館(兵庫県明石市)で開かれています。 今回のリカちゃん展のテーマは、「Licca meets Licca」。 三世代にわたって愛されるリカちゃんの歩みを切り口に、日本のファッションや生活様式、文化の移り変わりを知ることができます。 誕生から50年、現在で4代目となるリカちゃんは、身長が1センチ伸びるなど少しずつ進化しています。 そんな初代リカちゃんから4代目までが並ぶほか、50周年を記念した豪華コラボの数々が展示されています。 中でも目を引くのが、スワロフスキーを贅沢にあしらったこちら。 スワロフスキーの数は、5000を超えるそうです。 こちらのコーナーは撮影可能で、まるでリカちゃん人形になった気分が味わえるフォトスポットも設置されています。 親子で楽しめるリカちゃん展は、明石市立文化博物館で5月20日(日)まで開催されます。

あわせて読みたい

PAGE TOP