2018年04月02日(月曜日) 14:18 地域・まち

兵庫県内で4番目 明石市が「中核市」に移行/兵庫県

今年度から中核市に移行した明石市で1日、兵庫県から明石市への事務引継式など記念式典が開かれました。

明石市は4月1日、兵庫県内で4番目となる中核市に移行し、井戸敏三知事や泉房穂市長らが出席して記念式典を開催。

福祉や保健衛生などの分野でおよそ2000の業務が県から市に移行されることに伴い、引継書への署名が行われました。 中核市制度は地方分権を目指して1995年から始まり、人口が20万人以上などが条件。

明石市では新たに「保健所」や、動物愛護などに関する「動物センター」が2日オープンしました。 このほか児童虐待ゼロを掲げ、来年4月には「児童相談所」も開設する予定です。

あわせて読みたい

PAGE TOP