グルメ 丹波市

【特集】お土産にぴったり 小豆スイーツ 

続いては、お土産にぴったりの小豆スイーツと意外な お店で食べられる ぜんざいを紹介します。

 

丹波大納言ロール

まずは、柏原町の「丹波菓子Hiro正栄(ひろ しょうえい)」。小豆にこだわったメニューが「丹波大納言ロール」です。

ふわふわの生地の中に、大粒の小豆をたっぷりと使ったロールケーキ。さっぱりとした低脂肪のクリームに、ほんのりとした甘さの小豆がアクセントになっています。

 

あんバターサンド

洋菓子店「パティスリーカフェ カタシマ」。こちらのお店の、お土産にぴったりな小豆メニューが「あんバターサンド」です。

柔らかく上品な甘さに茹でた小豆を、チーズクリームでサンドしたお菓子。小豆の甘さと、爽やかな酸味のあるチーズクリームが絶妙にマッチしています。

 

見た目も「あずき」

さらにもう一品。王道ぜんざいのお店、中島大祥堂のスイーツです。その名も「あずき」 。
なかなか小豆の形のケーキというのは他のケーキ屋さんでも無い形。見た目も楽しいスイーツです。

丹波大納言小豆を練り込んだ、粒あん小豆ムース。さらに中心には抹茶ムースに、茹でた小豆がたっぷりと入っています。
見た目も美しい、あずきのスイーツはお土産に喜ばれること間違い無しです。

 

 楊貴妃ぜんざい

次にぜんざいを求めてやって来たのは、なんと中国料理専門店。丹波市でお店を構えて38年になる大連飯店。なぜ中国料理のお店が 小豆を使ったメニューを作ろうと思ったのでしょうか?

「丹波市が地産地消をどんどんしていこうという働きがありどうせやるなら、他のお店さんと違うものをっていう思いで」(大連飯店 田淵 楓さん)

材料は、こだわりの丹波産を使います。春日町の東中地区という本当に小さな地区でしか収穫できない「黒さや大納言小豆」 とても高級な小豆です。

 

高級小豆に合わせるのは、なんとココナッツミルク。ココナッツミルクに丹波産の黒豆きな粉を合わせ風味をアップ。しっかりとした濃厚な味のする小豆ときな粉入りココナッツミルクが合わさり、お互いの美味しさを より引き立てます。 

 

丹波市で開催している「ぜんざいフェア」では、王道ぜんざいから創作メニューまで、30店舗の小豆メニューを食べることができます。「ぜんざいフェア」は、来年の2月18日まで開催しています。

 

■12月13日放送「情報スタジアム 4時!キャッチ」より

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP