ペット

あたい、ミニウサギ「まる」 暑さに弱いんだよね

  • 今年の梅雨、急に具合が悪くなってケージでぐったりしてるあたい。この時は本当にしんどくって、もうダメかと思ったよ。

  • カゴに入れられて動物病院へ連れて行かれた。何があるかとビクビクしてる。このあと、注射を打たれたんだ。

  • なかなか色っぽい後ろ姿でしょ。ほら、後ろ足の裏、見て。全部毛が生えてて肉球はないんだよ。

あたい、ミニウサギのまる。今年の夏も暑いねぇ。ウサギは暑さと湿気に弱いから日本の夏は大変なんだよ~。だから、今でもあるのかな、小学校の校庭の隅っこにあるウサギ小屋。あれはツラいだろうね~。たぶん夏は30度超えるんだろうし、梅雨時はびしょびしょだろうし。ウサギは体が小さいから体力ないんだよね。

 

 でね、今年の梅雨に入った頃、あたい、具合悪くなって病院に行ったんだよ。まだそんなに暑くなかったから、おっさんも油断してたんだろね。ある日、急に蒸し暑くなって、その日からあたい、エサがほとんど食べられなくなって、動けなくなったんだ。

 

実は、ウサギって、1日ぐらい何も食べないでいると、腸の動きが悪くなって、お腹の中にガスが溜まって、そのまま死んじゃうんだって。それぐらいデリケートなんだよね。

 

 さすがにおっさんも、あたいの様子がおかしいのに気づいて、慌てて車で15分くらいのところにある動物病院へ連れて行ってくれたんだ。もう、あたいはその頃にはホントに動けなくて、カゴの中でグダーってしてた。体重測られて、お腹触られて、体温測られて、耳の中診られて、お医者さんとおっさんが何だか話てたと思ったら、いきなり背中に針を刺されて、ぎゅーって注射された。あ、ウサギはあんまり痛みを感じないからいいんだけどね。変な感じだったな。

 

 それで、家に帰って、珍しくリンゴをくれたと思ったら変な味だった。あれ、粉薬を仕込んであったんだよ。でも、最初はマズかったけど、だんだん元気が出てきて、薬入りリンゴをシャリシャリ食べたよ。4~5日したらだんだん元気になってね。もう、今はめちゃくちゃ元気。餌はたくさん食べるし、パイナップル貰うときはケージから飛び出すぐらい伸びて食いついてる。あれ以来、おっさんは心配して、ケージをおっさんが仕事してるパソコン机の横に置いたんだよ。で、「まる!まる⁈ どうや? 元気か?」ってうるさいんだよね。ゆっくり寝られないんだ。でも、エアコンを24時間26度に設定してくれてるから快適なんだけどね。

 

 で、ちょっとミニ知識だけどね、ウサギの手足には肉球がないんだよ。知ってた?犬や猫と違って、ウサギにはないんだ。手や足の爪の根元には周りと同じように毛が生えてる。だから、フローリングの床とかは苦手。手足が滑って歩けないどころか、ちゃんと立てないんだよ。産まれたての子鹿みたいになるよ。ウサギに肉球がないのは草食だからなんだって、犬や猫に肉球があるのは捕まえた獲物をちゃんと押さえて食べるからだって、怖い~。

 

 でもね、昔からウサギのキャラクターには肉球が描かれてることが多いんだよ。いろいろあるから、詳しい名前は言えないんだけどさ…。アメリカの古いカートゥーンキャラとか、有名なネズミやアヒルが出て来くるところのキャラとか、アニメやコミックとか、そういうのに出てくるウサギのキャラクターにはだいたい肉球があるよね。理由はわからないけど、肉球があった方が動物らしくていいんじゃないの?あったほうが可愛く描けるらしいしね。あたいって物知りでしょ。おっさんがいないときに、こっそりといろいろ見てるんだ。内緒だけどね。(文:河野 嘉之)

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP