トレンド暮らし

クレンジングいらず?外出先や急なお泊りにも助かるクレンジングタオル

  • クレンジングタオル「SAQULA]

これから夏にかけて、日焼け対策や化粧崩れを防ぐためには、どうしてもメイクが厚くなってくる。ただ、汗をかきやすい時期なので、毛穴づまりや吹き出物など、肌トラブルを招かないためにもクレンジングは大切だ。

忙しい現代人に時短スキンケアが注目される昨今、クレンジングタオルが話題となっている。

おしぼりのようにタオルを水に濡らし、拭くだけで綺麗にメイクを落とすことができる。クレンジング剤は必要なく、水分を吸収しやすいマイクロファイバーの繊維が、水に濡らすことで吸収力を増し、髪の毛の100分の1の細い繊維が毛穴の中に入り込んで、ファンデーションを癒着させてくれる。

メイククレンジングタオル「SAQULA」の販売元である有限会社サプライズの広報担当者によると、「気軽に使えるところが忙しい現代人に人気。界面活性剤を使わないので肌にも優しく、特にクレンジングを使いづらい乾燥する時期はおススメ」とのこと。

ターゲットはもちろん女性。定価は税込1480円で、ドラッグストアやバラエティーショップ、家電量販店、ネット通販でも販売している。

そこで実際にメイクがどれくらい落ちるか、あえて厚塗りメイクで試してみた。

まず、タオルを水で軽く濡らし、おしぼりのように絞る。

そのまま、メイクした顔を、優しく包み込むように拭く。力を入れてゴシゴシ拭き取るのではなく、イメージ的にはあぶらとり紙や洗顔後にタオルで落としたい部分のメイクを押さえるような感じでトントントントン…と、拭いていく。

クレンジング剤でもなかなか取れないマスカラやアイメイクも、水洗いなしでしっかり取れる。

所用時間は30〜40秒、ツッパリ感も痛みもない。

 

ビフォーアフター(ビフォーアフター写真)

 

あくまでクレンジング機能なので、ある程度取れたら、さらに軽く水洗いすると良い。洗顔後は、化粧水などで保湿することをオススメする。

 

このタオルの良いところは、クレンジング剤と違って、落としたい部分だけ落とすことができる点だ。例えば舞台メイクなどをした際、「本番後にこの状態で電車に乗るにはちょっと…」という時でも、顔全体を洗ってメイクし直す手間が省ける。どんな場所でも水洗いせず化粧直しができるので、外出先やデート前、急なお泊まりの時にも助かる。また、旅行の際も、機内に液体のクレンジングは持ち込めないので、便利だ。

 

使用回数は、およそ1000回。一般的なタオル同様、洗濯機で洗えるので繰り返し使えて経済的。肌触りはとても柔らかく、力を入れなくて済むので、敏感肌の人やクレンジング剤が苦手な人には特にオススメだ。

 

飲食店などでおしぼりでおじさま族が気持ち良さそうに顔を拭く姿は女子にとっては地雷行為だが、このタオルならパンダ目を気にせず、メイク崩れも自在に整えられて汗も拭ける。夏の恋愛戦線グッズとしてもおススメのアイテムだ。(ライター:堀内優美)

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP