少年・手塚治虫の宝塚~漫画の神様、故郷に帰る~

少年・手塚治虫の宝塚 ~漫画の神様、故郷に帰る~

各局の放送日はコチラ!(2016年)

  • TVS テレビ埼玉 3月5日(土)20:00~20:55
  • KKB 鹿児島放送 3月6日(日)13:55~14:50
  • KBS KBS京都 3月10日(木)19:00~19:55
  • CTV 中京テレビ 3月12日(土)26:29~27:24
  • TVK テレビ神奈川 3月13日(日)20:00~20:55
  • AKT 秋田テレビ 3月13日(日)25:50~26:45
  • ABA 青森朝日放送 3月25日(金)14:58~15:53
  • NBC 長崎放送 3月26日(土)15:00~15:55
  • MXTV 東京メトロポリタンテレビジョン 4月3日(日)19:00~19:55【MX1】
  • MRO 北陸放送 4月8日(金)25:35~26:30

天国に旅立った今もなお後世の作家たちに影響を与え続ける“漫画の神様”手塚治虫。手塚は幼少期から青年期を過ごした宝塚市で漫画家としての歩みを始めた。
兵庫の県域局であるサンテレビでは、『ふるさと人間記 ぼくの宝塚 手塚治虫』という15分の番組を1981年1月に制作・放送していた。フィルムで制作されたこの番組は、宝塚市を訪ねた手塚が自ら進行役を務めながら故郷への思いを語るというユニークな構成で、ほかにはない貴重な映像であることがわかった。
手塚の漫画家デビュー70周年を間近に控え、故郷の宝塚が彼の創作にどのような影響を与えたかを、『ふるさと人間記』で語られた本人の言葉と映像を甦らせるとともに、関係者の新たなインタビューを加えて、手塚漫画のルーツに迫る。

放送から35年の月日が経過したことでフィルムが色落ちしてしまった『ふるさと人間記』の映像を最新の技術で甦らせ、手塚本人の語りをピックアップ。弟の手塚浩氏や長女の手塚るみ子氏ら、手塚をよく知る関係者の方々への新たなインタビューと組み合わせて、宝塚での生活が手塚漫画の創作にどのような影響を与えたかを、「昆虫採集」、「戦争」、「歌劇」など多角的にたどっていく。
また、手塚のメッセージを伝え続ける手塚治虫記念館や、新たに生み出された手塚作品「ヤングブラックジャック」も紹介しながら、“漫画の神様”が残したメッセージを55分のドキュメンタリー番組としてお届けする。

【ナレーション】
榎木麻衣/谷口英明/木内亮(サンテレビアナウンサー)