阪神淡路大震災25年 特別番組

6434人の尊い命が奪われた阪神淡路大震災から、まもなく25年を迎えます。
地震発生から丸25年となる2020年1月17日、サンテレビでは、犠牲者を追悼するとともに、記憶・教訓を継承する取り組みの重要性を考える特別番組を放送します。

阪神淡路大震災1.17のつどい~あの日からそして未来へ~
2020年1月17日(金)午前5時30分~6時15分【生中継】

実行委員会が主催する「1.17のつどい」の模様を、会場の三宮・東遊園地から生中継する。
地震の発生時刻に捧げられる黙祷の様子のほか、「慰霊と復興のモニュメント」前で行われる「神戸市追悼の集い」の模様もお伝えする。
番組では当時神戸市立本山第一小学校5年で、両親と4歳下の弟、祖母の4人を亡くした名城祐次さん(36)をゲストに迎え、震災直後と現在の心境を語っていただく。現在、名古屋在住の名城さんが「1.17のつどい」に参加されるのは初めて。

<ゲスト>
名城祐次(震災で家族4人を亡くす)

<進行(サンテレビアナウンサー)>
橋本航介/影谷かおり
阪神淡路大震災25年

JavaScriptをOnにしてください