ひょうごシーレンジャー

ひょうごシーレンジャー参加者募集!

淡路島の洲本市由良のすぐ沖合にある無人島の成ヶ島(なるがしま)は、希少植物ハマボウの群落が広がり、ウミガメが産卵に訪れるなど豊かな自然が残っています。しかし一方で、大阪湾に面する自然海岸ということで膨大な漂着ゴミが問題となっていて、地元の住民たちが清掃活動に取り組んでいます。
そんな無人島で子どもたちにハクセンシオマネキなど珍しいカニやハマボウなどを観察してもらうとともに、漂着ゴミの現場を体験してもらいます。
また、明石海峡に近い淡路市岩屋の人工海岸でも生物調査などを行って比較し、それぞれの海の環境の違いを学んでもらいます。 また、後日には神戸市立須磨海浜水族園で子どもたちがその体験の成果を発表する機会を設けます。
「ひょうごシーレンジャー」の活動は、参加する子どもたちが得た驚きや気づきを様々な形で発信してもらうことで、より身近な兵庫の海への興味を深めてもらうことを目的としています!
※このイベントは、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環で実施しています。

参加希望の方はこちら!

下記よりお申し込みフォームに必要事項をご入力の上、送信して下さい

お申し込みはこちら

締切:7月5日(水)

※ご当選の方には、7月10日(月)までにメールを送付します。
※この日までに連絡がない場合は落選となりますのでご了承ください。

イベント詳細

<主催>

海と日本プロジェクトinひょうご実行委員会

<活動予定>

ファーストミッション・成ヶ島&セカンドミッション・岩屋

日程 2017年7月22日(土)~23日(日)
場所 洲本市由良・成ヶ島周辺(ファーストミッション)
※エトワール生石(洲本市由良)で宿泊
淡路市岩屋・神戸大研究施設マリンサイト周辺(セカンドミッション)

サードミッション

日程 2017年8月21日(月)
場所 神戸市立須磨海浜水族園

<スケジュール>

7月22日 ファーストミッション
8:00~ JR神戸駅に集合してバスで出発
10:00頃 洲本市由良のエトワール生石に到着
座学で成ヶ島の歴史を学習し昼食
13:00~ 成ヶ島にバスと渡船で移動
成ヶ島でハマボウなど植物の観察
干潟でカニや貝など多様な生物の観察と採集
東側の海岸で漂着ゴミの観察と清掃作業
16:00頃 成ヶ島から渡船でエトワール生石に戻る
18:00~ バーベキューの夕食
19:30 夜の生物観察
7月23日 セカンドミッション
9:30~ エトワール生石をバスで出発
10:30頃 淡路市岩屋の神戸大研究施設マリンサイトに到着
座学で岩屋の海岸について学習
田ノ代海岸の人工磯に移動し海藻や生物の観察と採集
12:30~ マリンサイトに戻り昼食
13:30~ 採集した海藻の標本作り
2日間の学習内容まとめ
16:00頃 マリンサイトをバスで出発し神戸へ
17:00頃 JR神戸駅で解散
8月21日 サードミッション
9:00~ 水族園に集合
淡路島で学んだことをまとめ発表の準備
12:00~ 昼食
13:30~ 大水槽前で学習結果の発表
15:30頃 現地で解散

※ファースト&セカンドミッションとサードミッションの間に学習内容をまとめる機会を神戸市内で設ける可能性があります。

<シーレンジャー 引率メンバー>

隊長:団長安田(安田大サーカス)
副隊長:松浦宏子(サンテレビアナウンサー)
副隊長補佐:佐々木実結、中村葵(ともに第48期サンテレビガールズ)

<応募資格>

兵庫県内在住の小学5,6年生
※ファーストミッションからサードミッションまですべて参加できる方

<定員>

30名

<お申し込み方法・締切>

下記よりお申し込みフォームに必要事項をご入力の上、送信して下さい

お申し込みはこちら

締切:7月5日(水)

※ご当選の方には、7月10日(月)までにメールを送付します。
※この日までに連絡がない場合は落選となりますのでご了承ください。

<ご注意>

  • イベントは番組放送用のテレビ取材が入りますので、参加された子どもたちは番組に写ります。
    また、記録用の写真撮影も行います。
  • 雨天決行ですが、暴風雨などの場合は一部プログラムの中止や変更を行います。

<お問い合せ先>

サンテレビジョン企画開発部
(TEL)078-303-3131《月~金曜日 10:00~17:00》

ひょうご海ライブ