サンテレビジョン放送番組基準
  1. 民間放送の最も大きな使命は、平和な世界の実現に寄与し、文化の発展、公共の福祉、産業と経済の繁栄に役立つことである。この自覚にもとづいて、サンテレビジョンは民主主義の精神に従い、世論を尊び、言論及び表現の自由を守って放送の責任を果たし、社会の信頼に応えるように努める。
  2. この目的のため放送は教育番組、教養番組、報道番組、児童および青少年番組、娯楽番組、広告各分野の調和をはかり、企画編成することを基本方針とする。
  3. この方針に基づき放送番組を次の基準によって編成する。
    (1)教育番組
    教育番組は、学校向け、社会向けを問わず、視聴者が一社会人として完成するのに役立つ知識と資料の系統的な供給を目的とする。
    (2)教養番組
    教養番組は、一般精神文化のみならず広く生活文化についての知識を深め、豊かな情操を養い、円満な常識を培うことを目的とする。
    (3)報道番組
    報道番組は、社会にとって重要な、あるいは興味と関心のある出来事や動き及び意見を速報または解説し、的確な判断材料を提供することを目的とする。
    (4)児童および青少年番組
    児童および青少年番組は、児童および青少年の心理に与える影響を考慮し、健全な常識と豊かな情操を養うことを目的とする。
    (5)娯楽番組
    娯楽番組は、健全な慰安を提供して、生活内容を豊かにすることを目的とする。
    (6)広告
    広告は、真実を伝え、関係法令に従い、視聴者に対して責任を負いうるものとする。
  4. 放送番組および広告の企画、制作、実施に当たって守るべき基準と限界については「日本民間放送連盟放送基準」に準拠する。

サンテレビジョン 放送番組基準
昭和60年6月1日
平成15年11月1日
平成16年4月1日
平成26年9月16日
平成28年1月26日
制定
改正
改正
改正
改正
日本民間放送連盟放送基準