6番大山

〈8/10 阪神 6x-5 広島 (京セラドーム)〉

勝:岩崎
敗:フランスア

まず、ソラーテの外野守備。
昨日の日記で、今やれる布陣としてその名前にソラーテも入れた。が。
ソラーテ恐ろしい子!
ヤクルトのバレンティンの守備でもあれほどではない。(しかもバレはその分めっちゃ打つ)
左打席にも右打席にも入れること、一発があることはあるので使うのだが、タイガースにとってレフトはデンジャーゾーン。相手チームにはラッキーゾーン。
タイガースファンは、あそこへ飛んだら目を瞑って祈るしかない。(辛いです)

ソラーテの守備もあって、レフトには打たせられない西-梅野のバッテリーは苦労したと思う。
失点は5だが仕方ないと思うし、4、5、6回を結果3人で片付けた方の西に賛辞を送りたい。
5回の1塁けん制→セーフのジャッジ→マルテ矢のようなベンチへのリクエストしろ要求(笑)→結果、西のけん制すごい!アウト!って、西のファインプレーだ。

さぁ大山だ。
矢野監督が、初めて大山を4番から外した。
「4番を外すことは簡単」と常に言っていたが、矢野監督にとっては一番難しい選択をしたと思う。
4番でこのままシーズン最後まで使っても使わなくても、どちらにしても私は大山の起用については矢野監督の決断を支持できる。
「4番大山」には矢野監督の信念があったし、それを変えることにもまた、魂の決断があると感じるからだ。
他もそれぐらいでやってほしいけどな(笑)
代わりに4番を務めたのはマルテ。適任だと思うよ。最後に[今日のマルテ]読んで!

この日、ボックス席解説の岡田彰布さんが一番エキサイトしたのが、2点を追う無死2塁の7回裏、大山の打席でのバッティングについてだ。
それまでもキレキレの解説だったのだが、大山のライトへのヒットが不満でならなかったようで…

このあと打順は、7、8、9番
ここでのバッティングは、ランナーを還さなければいけない。
なのに、ライトへ打って繋ぐつもりで打席入ってそれでライトへ打って。1,3塁になったからってなんだ。

ということを岡田さんはおっしゃっていた。
結果は、8番北條の6-4-3のダブルプレーで、この回無得点…
そうしたらこうなる、という結果も岡田さんには見えていて、何より、打順は6番でも「4番大山」としての心構えで打席に入らなかったことが残念で寂しかったようで。
私に、無得点という結果まで見えるわけがないのだけど、ファンとしてもこのバッティングは寂しかった。
何番に入ったって、大山のバッティングをしてほしいし、右打ちの指示が仮にベンチから出ていたならベンチがあかんし、右打ち指示を出していなくても大山には右打ちするなと指示ださないベンチがあかんし。

6番の打順を告げられた大山は、「4番を取り返す思いでやります」と言ったそうだ。
岡田さんはこれを知ってか知らずか、「これでは4番には戻れないですよ」と言った。

そして…
9回裏だ。2点差のまま。何も起こせなければ今日も負ける。

だが、カープ抑えのフランスアが良くなかった。
マルテヒット、ソラーテが四球をもぎとって、舞台が整った。
打順は「6番大山」。
野球は、回ってくるのだ。
回ってほしい人に。

大山の狙いは決まっていた。外ストレート。
2球目、振り抜いた!
それだ!
アウトコースだったので方向こそライトだが、狙って打ったホームランだ!
逆転サヨナラ3ランホームラン!!!
大山が打った!!!

岡田さんは「大山は6番と思って打席に入ってない」と、とても嬉しそうだった。
私は、岡田さんが嬉しそうなのも嬉しかった(笑)

ライトスタンドのファンからあの位置は死角になってスタンドインしたことは恐らく見えていないと思うのだけど、そこは内野のタイガースファンと歓喜の連動だ(笑)
ベンチからみんな飛び出してきて、抱き合って、大山のホームランを共に喜んだ。
出迎えるスタッフさんたちの笑顔もいい!
一軍マネージャーの清水誉さんもベンチの中でハイタッチの列にいて、ああああああああああああああああああああああああ!!大山のヘルメットをポンって!!清水誉スマイルーーー!!!!なんちゅうーご褒美か!!!!!!
この様子おさえたサンテレビ1塁側カメラさん優秀か!!!!

お。話それてる。

ビハインドでも投げてくれて、流れを渡さなかった、能見、島本、岩崎という、素晴らしきサウスポーの活躍がなければなかった勝利ということも忘れてはいけない。
さらに言うと、この3人のピッチングがあったから、今日の勝利は、必然だったのかもしれない。

[今日のマルテ]

タイガース公式インスタのストーリーに、大山のヒーインを通路からマルテ一人で見守ってる様子がアップされていた。
これってマルテが「4番大山」への敬意を持ってくれてるってことだよね。
ちょっとビックリしたのと、またマルテが好きになったよ。

Posted in コラム | 6番大山 はコメントを受け付けていません。

糸井離脱で一緒に離れた試合

〈8/9 阪神 5-11 広島 (京セラドーム)〉

勝:大瀬良
敗:高橋遥

2回裏。二死1,3塁。
糸井の2点タイムリーもあって4点がタイガースに入った。
このあと走者糸井は二盗を試みたが、左足を押さえて立ち上がらなかった。
この間、カープからのリクエストによるリプレー検証があり、結果はアウト。
糸井は負傷退場。
糸井は、一生懸命やった結果、前向きにやった結果…なのかもしれない。
ただ、ベンチはそれでいいのか。
4番に据えた大山の打席でも、走ることを良しとしていたのか。
失敗したときそこで離れてしまう流れやムードを過小に考えていたのか。

「一生懸命やっただけでは俺らは済まされへんと思う」
新聞の矢野監督のこのコメントを素直には読めなかった。
この試合、まず、選手もベンチも一生懸命にやったのか。

糸井交代に、3番ライト島田。
島田海吏になんの罪もないし頑張ってほしいし、今季初ヒットが出たことも良かったけれども、このゲームで糸井の代わりに島田はないだろうと思った。
緊急事態なのだから、休養日でも福留を入れる、あるいはベンチスタートのソラーテでもいい、出来るだけ「今のスタメン」を選択してほしかった。

そして、また見飽きたエラー、ミスのオンパレード…
野球にミスはつきものだ。ミスをするなとは言わない。
ミスをするな。

[今日のマルテ]

マルチでは足らん!

Posted in コラム | 糸井離脱で一緒に離れた試合 はコメントを受け付けていません。

秋山原口バッテリーで勝利!

〈8/8 ヤクルト 3-5 阪神 (神宮)〉

勝:秋山
S:藤川
敗:山田大

そこに3点差があるから
――――――――藤川 球児

ということなんやろな。理屈じゃなくてもう。そこに3点差があるからだわ。
9回裏、先頭の雄平にHRを浴び、1点を返される。
点差あるし、ソロだし、まぁ面白かったからいいかw

先発は秋山。
3回に太田にレフトフライみたいな不思議なホームランを打たれたものの、これにも気落ちすることなく、いいボール投げてた。コントロールも良く、良かった頃の秋山と比べると、違うのはテンポなのかな。自分のペースとリズムでどんどん投げていたのが、再昇格したばかりだからかこの日はさすがに慎重。
したたる汗の量がものすごくて、あぁ、明日から京セラドームなのにな…1日遅かったらな、って少しは思ったかもしれない(思わないで)
待ってもやってこない反撃。
ギリギリのところでなんとか投げていたが5回に勝ち越される。
秋山はここまで。
今日もまたこのまま何も起こらないゲームを見せられるのかと思いきや…

うぉぉぉー!
6回表に反撃!
一番打ってほしい4番の大山がタイムリーヒット打ってね、原口にタイムリー内野安打っていう珍しいことが起こってね、そして昨日に続いてスタメンの北條だ!
初球、少しバットの先だったけどきっちり振り抜いて、左中間破ってフェンスまで到達。
一走原口大変!
三塁回ったところで足カクン…!いやでもよく走りました(笑)
原口の珍しい長駆ホームインというのも見られ、これが勝ち越しのタイムリーヒット。
秋山の丁寧なピッチング引き出したのは高卒同期の原口。その原口が、打って走って、秋山に勝利をもたらした。
秋山が夢だと語る「二人でお立ち台」も近いかもな。

北條が、少ないチャンスで結果を出せたの、いいね!
これでショートのスタメン争いをさらに激化させるものになったけど、それが健全なチームだ。

近本の9回の弾丸ライナー2ランホームランには言いたいこといっぱいあるんだけど、一周回って口ついて出てくるのは「近本凄い」って、たったこれだけなので、また出直してきます(笑)

そして神宮の穏やかな笑顔見えるブルペンから、送り出されるピッチャーたち。
何その態度急変!それまでほっこりさせといて!マウンド上がった途端怖いよ!変わり過ぎなんだ!(笑)
我らの頼もしいリリーフ陣。
今日の島本はちょっとヒンヤリしたけど、ダブルプレーは見事。
そして岩崎とPJ、もう…
あの人ら見てたら最強のチームなんやけどな(笑)

さぁ!北條が京セラドームでホームラン打ってお立ち台上がるってよ!
何言うんかなー!
ごっついハードルあげてきはったけど大丈夫かなー!(笑)
楽しみ!

[今日のマルテ]

リクエストの成功率すごない?

Posted in コラム | 秋山原口バッテリーで勝利! はコメントを受け付けていません。

他には特になにもありません!

〈8/7 ヤクルト 11-2 阪神 (神宮)〉

勝:石川
敗:青柳

糸井!

1500試合出場おめでとう!!

日のマルーテ

混ざってるけど気にしない

2回表、マルテのホームランに、
ソラーテ「しゃあねぇなオレの出番だろ」ばりに、ベンチの奥から出てきてダイヤモンド一周してきたマルテをお出迎え。

打ち合わせしたんだろうねぇ。
二人でダンスみたいなの踊ってたけど、マルテがちょっと恥ずかしそう。

マルテ、ホームランで罰ゲームを受ける、の図。

Posted in コラム | 他には特になにもありません! はコメントを受け付けていません。

追いつけない点

〈8/6 ヤクルト 4-3 阪神 (神宮)〉

勝:ブキャナン
S:マクガフ
敗:ガルシア
HR:ソラーテ ソロ、中村ツーラン


すごい、カタカナばっかり。ツーランって誰や(違)

ハフ、マグガフ、ハフ、マクガフ、ハフ、マフマフ…ブーッ

・・・・・。

糸原のこと。
初代鳥谷、二代目福留、と名手から受け継いだキャプテンマーク。
でも、キャプテンに任命されていながら、開幕スタメンもレギュラーも、もちろん競争で、そして、新加入の選手がくると、セカンドから慣れないショートにポジション突然動かされてね。

6回裏、二死1,2塁。
なんでもないショートゴロを後ろに逸らしてしまった。これがタイムリーエラーとなり、結果この追加点の分の1点を追いつけず、負けた。

またか…と思う。糸原だけではないけど、エラーが多い。
本当にガッカリする。

だけどそのあとだ。
レフトの前に落ちそうな打球に一直線に走って、ジャンプして身体を捻りながら、その伸ばした左腕の先のグラブに収めた。
さっきとれなかった「あとひとつ」を糸原がとった。
毎日の試合に出ることに必死なのがよくわかるし、キャプテンでそんなレベルかって言われても否定できない。でも、そんなキャプテンも悪くない、って糸原見て思ってる。

私、糸原好きなんですよ。
笑った顔のピカピカツルツル卵肌見てると元気出るし。(笑)

糸原の頑張りが苦悩に変わる前に、ベンチは糸原を救ってやらなきゃいけない。
マルテとソラーテを一緒に出さなくてもいい。
糸原が代打とセカンド守備固めでもいい。
オレを使えとバットとグローブ持って準備してる選手が他にもいる。
ソラーテ使うことに執着するより糸原が活きる場所を考えたら、やることは見えてくると思うんだけどな。

[今日のソラーテ]

左打席で初セクシーホームラン!
これはこれでホッとしたわぁ(笑)

Posted in コラム | 追いつけない点 はコメントを受け付けていません。

サンテレビボックス席BSOキーホルダー!

なにこれ?
…そうなりますよね。。

5月某日、サンテレビ公式ツイッターのつぶやきがはじまりでした。

「8月開催の『ボックス席展』で販売予定の『BSOキーホルダー』のカウントをどうするか悩んでいるので、宜しければみなさんのお好みの激アツカウントを教えてください!」

おっ!サンは、行き詰まるとすぐにツイッターでつぶやく習性があります。
そして私れーこはこの呼び掛けにすぐにひっかかる習性があります。

野球中継画面右下のアレをなぜ商品にしようと思い立ったかは、どうせ単なる思い付きなので深くは考えませんでしたが、アレが商品になるのなら、それはなかなかアツいぞサンテレビ!ということで、私なりのアツいスコアとカウントを考えました。

というわけで、本当に出来てしまった商品が画像のキーホルダーです。

「サ」はサンテレビ。
「神」は神テレビでしょうか(笑)

阪神負けてるやん!そう言わずに聞いてください。(阪神なのか!?)
このキーホルダーのシチュエーション、ご説明しましょう!

♪てーってれてってってっててってれてってて

3安打0封…て!今日もあかんやつや!
いや、野球は9回裏からやで。
この日初めてのチャンス(初めてかい!)
まだ1アウト!
しかもランナーは1,3塁!
バッターボックスには一振りにかけるあの男!
追い込まれてから、見て粘って…フルカウント!!
一発出たら同点…試合は振り出しだ!
ちょ待って誰、今、ゲッツーで試合終了言うたん!
怖っ!それあるやんwww
さぁどうなる!?
ゲッツー!?
この回サヨナラ!?
それとも延長か!?
大丈夫や!
今日はサンテレビや!!

です。アツ…くないですか!?

というわけで…

サンテレビボックス席展は、タイガースの名勝負とともにサンテレビ完全中継の歴史を振り返るという、ちょっとマニアックなイベントです。
ホンモノのアナウンサーさんたちによるヒーローインタビュー体験ができたり、おっ!サンと記念撮影ができたりもします。あ!中継車の中のVR体験も!他にもいっぱいあるって聞かされました
(書けよ)

8月14日(水)~8月19日(月)まで、そごう神戸店で開催されます。
BSOキーホルダーは全部で4種類もあるそうなので、それも楽しめそうです。
(このタイプは限定20個)

そしてこの日記は、会場のキーホルダー前という超限定的なところで足をとめてくださってそこからアクセスしていただくと、会場から飛んでこれるようになっているみたいです。
ほんまかどうか私も初日に確認しに行ってきます(笑)

会場からこの日記に飛んできてくださったみなさま、ありがとうございます!
改めて自己紹介させていただきますと、私、れーこは、ただのサンテレビオタクで、タイガースファンをしています。
そして「虎ギャル応援日記」という小っ恥ずかしいタイトルの日記を書いています。(これです)
キーホルダーと日記、どうぞよろしくお願いします!

キーホルダー、600円(税別)だって、さっき知りました。
どうか売れ残りませんように…………(最近一番の心配事)

Posted in コラム | サンテレビボックス席BSOキーホルダー! はコメントを受け付けていません。

うわぁーん!

〈8/4 広島 10-5 阪神 (マツダ)〉

勝:九里
敗:岩田

(遠い目…)思えば今年の2月のキャンプ。
矢野新監督は、選手の自主性を尊重するキャンプにするって言い、実行してたなぁ…
そうなると、特打か特守かってなったら、特打行くわなぁ。
ではシーズン入って打てるようになったかっていうと(ツーン)

で。セクシータイムはいったいどこへ…!?
あんなに派手なデビューしといてこのサッパリさ…
ある意味潔い。

えっと真面目な話、どうしてもソラーテをスタメンで使うなら、普通にショート北條か鳥谷でよくないっすか…

ハァーー……(大音量)

そろそろ寝よう。
明日月曜日だし。
こないだ、寝不足は熱中症の要因の一つだって教えてもらったしな。
そうしよう。

原口、ホームランありがとう!
とっくに打ってると思ってたけど、これが公式戦今季1号やったん!

[今日のマルテ]

ソラーテとマルテ、二人一緒に声出し。
試合前は元気良かったんだけど!!
試合中も元気でやってくれー!!

Posted in コラム | うわぁーん! はコメントを受け付けていません。

勝ってホッ。。

〈8/3 広島 1-4 阪神 (マツダ)〉
勝:西
S:藤川
敗:床田

勝った。

まず………カープどうした。
チャンスで打てない。
肝心なところでエラーが出る。
ランナーを溜め犠牲フライでダメを押される。

見慣れたゲーム運びを相手チームにされて、勝ってもなんだかおさまりが悪いわ。
…って、素直に喜べよ。

で、まぁカープのおかげが大半の勝因であることは間違いないのだけど、試合が終わって時間をかけると他にも思い当たることが出てきた。

西、ジョンソン、岩崎、球児の4人のリレーで、一つも四球がなかった。
三つのアウトをとる過程で、活用すればいい四球というのもあるけれど、やはりそれを使わずに済む試合が出来るのであればそれに越したことはない。

ホームランで先制された直後の2回表、相手のミスとはいえ大山の出塁福留の四球の見極め、そして糸原のヒットですぐに追いついて、試合をイーブンに戻したのはよかった。
そして、3回表、先頭近本のホームラン!え!そんなんできるんですか!
チーム7安打中3安打が近本なんだよね。あと7人も野手いるんだけどね!

先発の西に勝ちがついた。
この日西がさすがだと思ったのは3回に足を痛めても、ピッチングの精密さに全く影響が見えなかったことだ。
踏み出した左足を捻ったのはテレビの前からでもはっきりとわかったぐらい。
配球が外多めとなったのは梅野が西の足の状態を考慮したのかな。
梅野のリードにも工夫が見えて、西は全部そこへ投げ切って、このあと6回まで無失点でゲームを作った。
足、ちゃんと治療してな。

でね!
ここんとこずっと岩崎が怖い!どうなってんだ!
1番から始まる嫌なカープ打線に全く仕事をさせずの三者凡退。
3人目のバティスタへの7球目の真っ直ぐ。スーッと梅野のグラブに吸い込まれていくと、審判の腕が上がるより早く、投げたステップからそのままベンチに戻って行く。なんてことしてくれんだ!快感過ぎる!

あ、やっぱ勝ってうれしい(笑)

明日は岩田だ。
内野守備に注目。
めっきり静かになったソラーテにも注目。

[今日のマルテ]

犠牲フライで貴重な追加点!

Posted in コラム | 勝ってホッ。。 はコメントを受け付けていません。

ひどい敗戦

〈8/2 広島 7-0 阪神 (マツダ)〉

勝:大瀬良
敗:高橋遥

6回裏、球数は100を超えた。
気温も湿度も容赦なく体力を奪っていく。
打ち取った当たりがアウトをとれない。
それでも遥人の腕を振らせていたのは、責任感か、プライドか。

114球目。
内に構えた梅野のミット、厳しいコースだった。
遥人は投げ切れず、甘く浮いたボールは捉えられ、レフトのフェンスを越えた。
勝負を決定づけたのはグランドスラムのこの1球だったかもしれないが、その1球で負けたとは思わない。

相変わらずのミスの多さ。
ソラーテはその筆頭格。慣れているはずの天然芝の内野でも初回からエラーとなれば、マウンドのピッチャーにかかる負担はさらに大きなものとなる。

他にもスコアブックには載らないミスも多々あった。
単純にソラーテを外せばミスの数が減るかといえばそうではない。
だからまずい。

援護ないどころか、足を引っ張られながらも、遥人はよく頑張ったぞ。

チームは遥人を独りにするな。

[今日のマルテ]

マルテが優秀に見える!!

Posted in コラム | ひどい敗戦 はコメントを受け付けていません。

藤浪晋太郎の開幕戦

〈8/1 阪神 3-2 中日 (甲子園)〉

勝:島本
S:藤川
敗:ロメロ

先発ピッチャーの名前がコールされると、球場は大歓声に包まれた。
藤浪晋太郎は、ファンを甲子園へ向かわせた。
前日の時点では確か空席もあったはずなのに、今日の夕方の阪神電車の梅田駅では甲子園球場の「チケット完売」の告知。
平日なのに、しかも夜になっても30度を超える暑さにも関わらずだ。
すごい。

153キロの真っ直ぐ。試合開始のゴングを鳴らした藤浪の1球目にもまた大歓声が沸き起こる。
いいボールだってファンもよく見えてる。
一つ目のアウトの拍手もまた大きくて、そして、四球三つ出しながらも無失点でベンチに戻った藤浪にまた大きな拍手と歓声。
この日は休養日だった福留さんが、ベンチの外まで出て藤浪を笑顔で出迎えた。
まだ1回表が終わったときの話だ。

実は私は、なぜ藤浪がこれほど人々を惹きつけるのか、よくわかっていない。
勝てないピッチャー、しかもストライクもとれないとなれば、違う誰かに投げさせた方がいいだろう。藤浪で落とした試合もたくさん見た。
だけど、藤浪じゃなきゃだめなんだ。
頑張ってほしい、なんてとっくに超越したところで、藤浪の復活を今日か明日かと待ってる。

1点をとられてなおもピンチ。5回途中降板となった藤浪に、スタンドからは野次どころか、大きな大きな拍手がおくられた。
わからない。甘いよな。だけど藤浪、ランナーを出し再三のピンチ作りながらも土俵際に足かけて必死に踏ん張ったんだよ。

後ろもよく守った。
7回の北條のバックホームは、簡単そうに見えて体が固まってしまう緊張度の高いプレーだ。

リリーフ陣がまた…!ちょっと泣けた。すごかった。
藤浪の残したランナーを背負いながらも点を与えなかった守屋や、勝ち投手になった島本、ジョンソンなんて糸井のミスにも崩れず、岩崎の三者凡退のピッチングはもうね、吠えたよ!!
そして、球児だ。1点は失ったものの、それは2点あるならあるときの抑え方を熟知しているピッチング。
そして藤浪を初めピッチャー陣を支え、タイムリーも打った梅ちゃんお疲れ様!マスク越しに見える汗の量がすごかった。

チャンスでは相変わらず弱いし、強いチームとは言えないけど、タイガースが、藤浪を中心に一つになって勝った。

ホームラン打った北條が、お立ち台で藤浪について言ったことが、また良かった。
「マウンド降りんの早かったなーと思って」
笑ったけど、これぐらいの感覚で接してくれる仲間の存在ってありがたい。
しかも、これって藤浪はまだまだこんなもんじゃないってこと言ってるから。

矢野監督は、藤浪を一旦は抹消するそうだけど、藤浪への期待をまた大きくしたように見えた。
また目潤んでた(笑)

さぁ、ロードだ。
いってらっしゃーい!
貯金作って帰ってこいよー!

[今日のマルテ]

「アシタもオレがヤル!」
お立ち台での日本語がどんどんレベルアップしてて感動する。

甲子園球場の95歳のお誕生日だったんだよ。
タイムリーヒット、ありがとう!

Posted in コラム | 藤浪晋太郎の開幕戦 はコメントを受け付けていません。