やっつけ日記です。

ナバーロのフェイスガード、突然なんでですか!?
あれ、強打者がつけるイメージですけどちょっと似合ってる!
あれ?なんか私失礼なこと言いました?
ふふふ~!

さて!突然ですがボーナスクイズです!

10月1日に甲子園で行われたプロ野球。
実際に起こった出来事は次のうちどれでしょう。

A.1安打
B.10失点
C.完封負け

〈10/1 阪神 0-10 DeNA (甲子園)〉

:濱口
:岩貞

はい!いかがでしたか!?
正解者には、10月2日のズムスタにて11点差し上げます!
おめでとうございますっ!
すっっ!

Posted in コラム | やっつけ日記です。 はコメントを受け付けていません。

藤浪の完封勝利!!

〈9/29 中日 0-4 阪神 (ナゴヤドーム)〉

:藤浪
:ガルシア

突然の、糸井登録抹消。
「左肩腱板の部分損傷」と診断されたことが理由で、驚くのは痛めたのが先週21日のズムスタだったとのこと。
無理して出てくれていたんだ。思えば22日には出場していなかった。
相次ぐ故障者の名前があまりにも大き過ぎて、途方に暮れている。

さらにチームにもファンにも追い打ちをかけるように、30日の中日戦が台風接近で中止となることが試合中に発表された。
これで空き日程がなくなり、これ以上の中止があれば…もう考えられん。。

そんな中、先発は藤浪。
初回、先頭糸原いいよね!2塁打気持ちいい!
そして、糸井の代わりに4番に入った大山がタイムリーヒット!初回から結果を出してくれたってところがいい。よく打った!
そして5番はナバーロ。
ライト前のヒットで、大山生還!てことはナバーロのタイムリーじゃないか!隼太見た!?そしてホーム返球の間にナバーロは2塁を狙い、わりと余裕でアウト。恥ずかしかったのか、苦笑しながらジェスチャー交え二塁塁審の中村さんに何かしゃべっていたが、中村さんは笑うしかなかった。
ベンチで隼太はナバーロになんと声をかけたんだろう。いっちょまえに「ナイスラン☆」とかなんとかアメリカンジョーク飛ばしてそうだ。
ナバーロは6回にも貴重な追加点をあげた。
あんなに目立たないのに大活躍なのだ。

そしてタイムリーの話をするなら、藤浪も。
3試合連続ヒットで、今日はセンターオーバーのタイムリーだ!
なんて派手な…!
このバッティングもよかったが、なにより今日はピッチングだ。
とんでもない四球がふたつあったけれど、そんなのどうってことないぐらい、球は走っていたし、他はよく制球できていた。
投げる前に両肩をすくめるようにして少し上げてからストンと落とす。
丁寧に、自分のテンポで1球1球を投げ込んでいった。
多少ばらけていても球威だけで勝っていたピッチングとは違い、例えば、4回裏。ランナー背負ってのピッチングとなった福田へのアウトローの真っ直ぐなんて素晴らしいところだった。福田も手が出ず。

9回のマウンドに上がったのは嬉しかったなぁ。134球、一人もホームを踏ませず、ピンチとなったが最後のバッターとなった亀澤の打球がサード大山からファーストのナバーロのグラブに収まるまでを見届け、よし、という表情を見せた。
チームが厳しい現状に置かれる中で、藤浪が戻ってきた。
夢見てるみたいだ。
今日のウイニングボールは持って帰っただろうか。

そして今日は、野本圭と浅尾きゅんの引退試合だった。
二人が泣くから私もボロボロ泣いてしまった…。
野本は、8回裏先頭で代打で登場。ファーストゴロにヘッスラして球場を沸かせた。
浅尾きゅんは、9回表のマウンドに。
このとき荒木がセカンドの守備に就いた。
バッターは中谷。全球ストレートかと思っていたけど5球目をあわやホームランの大ファウルのあと、6球目は首振って、一番信頼していたというボールで空振り三振に。あのフォークは一級品だ。
浅尾きゅんはこの中谷一人と対戦して、本人の希望でもあったという岩瀬へ繋いだ。
岩瀬はこれが星野さんへ捧げる「1001試合」登板。
こんな語呂合わせができるピッチャーは岩瀬の他にいない。
思えば中日とのオープン戦で行われた星野さんの追悼試合でも、スコアに「1001」が刻まれるなど、全部星野さんの仕業なのかなという気もしてきた。
こんな日に、その岩瀬から、ライト前にヒット打ってしまう藤浪はどうかしている(笑)
ナイスバッティング!

Posted in コラム | 藤浪の完封勝利!! はコメントを受け付けていません。

ショート鳥谷

〈9/28 中日 4-3 阪神 (ナゴヤドーム)〉

:岡田
:岩瀬
:才木

ドラゴンズ黄金期を支えた荒木が決勝打、そして岩瀬が前人未到の1000試合登板を達成。1点リードで抑えで登板、セーブもあげたのには参った。
ホームゲームはこのカードが最後とあって、勇姿を目に焼き付けたいファンはかけつけたのだと思うし、それに本気で応えた二人はさすがだった。
タイガースファンの私でさえ、何度も観た荒木の二塁打と走塁、そして岩瀬でゲームが終わるのを、これで当然のような気がして観てたし、そう思うのも長年に渡って習性にされたからかな。
引退する選手の花道起用には見えないね。森監督の情熱が伝わる起用だった。

一方、とても自然に負けたタイガース。
あと少しで捕れるボールに追いつけない、あと少しでセーフにならない走塁は、消化試合の選手のそれ。
目標とするCS出場はあるはずなのに、その先に日本一があるはずなのに。…って書いていて恥ずかしくなった…。

北條の離脱後、打の部分で目をつぶってでも使われてきた森越が、守備で足を引っ張った。
守備が上手いが故の不運もあったと思っているけど、あれだけ続くとさすがにこの日はもう使えない。
森越の打順に代打で出場したのは鳥谷。
これは代打だけだろうと思っていた。好調の大山を外す理由もないから、ショートの守備に就くのは植田海だと。
ところがこのあとキャッチボールを始めて…

「ショート鳥谷」の姿を見て嬉しくないわけがない。
その場所に立った鳥谷がはにかんで笑うのを見て涙が出そうだった。
一番似合う場所。
2年経ってもそれは全く変わっていなかった。

だけど、この起用法はこの3年で一番悪いと思った。
鳥谷が最後にショートの守備に就いたのは、2016年9月2日。
それからサードへのコンバート。1年経ったら今度はセカンドへ。いや、セカンドでもなかった。代打要員だ。
それが、サード大山の不調でサードの守備に就き、大山が戻るとまた外され…
やっとショートに定着した北條が離脱すると、植田海を守らせ、うまくいかないと今度は森越を入れた。
そして、もう他に手元のカードがなくなってから、切ったカードが「ショート鳥谷」だった。

なんていうか、どこにも、誰にも、未来がないんだ。
これじゃただ、足らないところにパズルをはめただけじゃないか。

鳥谷はどんな気持ちでこの交代を受け入れたのだろう。満点の気分であるとは想像しない。
私には、今さら何を、という気持ちがある。
若手起用の犠牲になったのは、鳥谷のモチベーション。
ショートで北條を使ってきたことは悪いとは思わない。それはチームの未来を見ていた起用だからだ。
だからこそどうして、せめて、北條が離脱したタイミングで「鳥谷頼む」と言えなかったのだろうか。

選手が「お前の出番だ」って言われて、意気に感じてグラウンドに走り出す。
そんなシーンを長いこと見てない気がするよ。

Posted in コラム | ショート鳥谷 はコメントを受け付けていません。

14分の1

〈9/27 阪神 3-4 DeNA (甲子園)〉

:今永
:山崎
:桑原

今日からのこの連戦に入るまでに色々ありましたね…

まず、26日の試合がまた雨で流れた。
仕方ない…仕方ないんやぞ……

そして、セ・リーグ優勝は、今年もカープに決まった…
こっちは雨で試合すらできなかったというのに、な…
悔しいですよ。悔しいですけども、そこは一プロ野球ファンとしてだな、お祝いの言葉のひとつも残しておこうと思うわけです。懐深いのだけが取り柄なんで。さくっと。あいやっと。

優勝おめで…と、、、うござい、ま.

え?最後まで言ってないって?
なに言ってんすか。見えませんか?
「.」←ほれ、これ、「す」って。
ちょっと小さくなって文字が潰れてしまってるかもですけど、ちゃんと私書きましたし。あとは知りませんし。

で、今日を含めて14戦で、CS出場→突破→日シリを目論んでるわけですが。
13戦で目論むこととなりました。

一軍にメッセが戻ってきてくれた。
6回2失点で、一時は勝利投手の権利も。
楽しみは後にとっとくのか。もうそろそろいいけどな…(笑)

打順を6番に上げてきた梅野がまた頼もしい限り!
あとでなくなってしまったけど、メッセに「勝ち星」をあげたのは梅野だった。
5回裏には、大山の「ランニング2ランホームラン」なんていう珍しいプレーもあったけど、これは大山が状況判断よく出来ていたというプレー。
このところの大山の好調は大山自身の視野を広げている。

能見さんと桑原とで失点してしまったが、これは見ないふりでいいと思う。

それから…
各球団から引退を表明する選手たち。
毎日「引退」の文字と一緒にある名前を目にしては、寂しくなってる。
このあと間もなく「戦力外」の文字が出始める。

7回表のDeNA桑原の本塁突入は、タイガースの守備、返球の緩みを見られてのものだ。暴走なんかじゃない。

まだ戦える喜びを。

Posted in コラム | 14分の1 はコメントを受け付けていません。

延長12回ドロー

〈9/24 阪神 0-0 巨人 (甲子園)〉

試合前、タイガースに激痛が走った。
球児が右ひじ痛による登録抹消。
水曜日からの14連戦を前にこれはあまりにも厳しい現実だ。
そして、抹消して誰も登録しなかったのは、寂しい現実だ。

そんな中ではあったが、先発した岩貞は、中4日ながら今季一番といえるピッチングだった。
7回の、不可解なジャッジで無死1,3塁というピンチを背負わされたのだが、ここで無失点でしのいだのには胸が熱くなった。
そして、桑原、ドリス、岡本、能見と繋ぎ延長12回を4安打完封リレー。
誇れる投手陣。今年もたくさんありがとう。あともう少し…少しというには長い連戦となってしまうのだけど、よろしくお願いします。

9回裏、先頭の陽川がヒットで出塁。
どんな形でもこの陽川が還ればその時点で勝ちだ。優位にいたのはタイガースだったのに、糸原、森越のバントが連続して失敗に終わり、やっとついた火は自ら消した。

まだ試合は残されている。
もう一度火をつけてみせてくれるだろうか。

Posted in コラム | 延長12回ドロー はコメントを受け付けていません。

宿題

〈9/23 阪神 1-2 巨人 (甲子園)〉

:畠
:山口俊
:藤川

シーズン終盤も終盤、なんでもっと今まで勝っておかへんかったんや…と思う今日この頃、夏休みの宿題を思い出しています。

全く関係ないですけど私、小学生の頃から宿題は先にやってしまう派だったのです。
もちろん最初からそうではなくて、宿題をせず遊んでばかりいることが続いたある日、おかんが私の宿題を手の届かないタンスの上に投げて「もう一生やらなくていい!むしろやったら許さん!」とブチ切れるということがありました。
そのときのおかんがめちゃめちゃ怖かったのと、宿題をやらずに学校へ行くという根性がなかったのと、やるなと言われるとやらなければならないと思う謎のハングリー精神で、タンスの上によじ登って、天井とタンスのすき間で隠れて宿題をしたことがあります。ものすごく不便でした。

それに、やらないままでいると心の中に夏休み中ずっと「宿題……」という闇を抱えることになるので、せっかく楽し過ぎる夏休みなのに損ではないか、と損得勘定が働き、夏休みの宿題先にやってしまう派への転身を遂げました。
先にやってしまう派となってからは、日記や観察系のもの以外はだいたい8月に入るまでには終わっていて、あとはパラダイスです。いや、むしろ先に書けない日記というやつはなんて忌々しい宿題なんだと思っていたほどです。
まさか大人になって毎日のようにくだらない日記を書くようになるとは知らずに…(うぅぅ)

そんな子どもだったので、8月の終わりに半泣きで宿題に追われている妹を見ては、「ほんと愚かなやつだな」って見下していたのは隠す事実ではありません。なんでおかんあんなに怖いのにやらずにおれたんか。むしろ感心する。

でね、タイガース見ては毎年今頃思うわけです。
なんでもっと今まで勝っておかなかったんやと。
いつもいつもお尻に火がついてから。うちんちの妹か。

青柳さんが、笑ってベンチに帰ってくるほど良かった。
鳥谷の同点タイムリーヒットは夢に出る。

あとは勝つのみ。
あとでやる派の猛チャージ、見せてもらうよ!

Posted in コラム | 宿題 はコメントを受け付けていません。

大量得点で藤浪勝利!

タイガース二軍が8年ぶりのウエスタンリーグ優勝。
「超積極」を掲げチームを率いた矢野二軍監督が就任一年目で宙を舞った。
前年まで、選手を辛抱強く育ててくれた掛布さんの熱意と愛情の賜物でもある。
二軍だろうがなんだろうが、勝負ごとはイチバンになった方がいいに決まっている。
この優勝は素直に嬉しい!

〈9/22 広島 4-13 阪神 (マツダ)〉

:藤浪
:岡田

相手投手が右だから、糸井が不在なら自然と隼太とナバーロがスタメンで、打順も並ぶ。
この5番6番が、非常に収まりいいと思うのです。

2回表、先頭の隼太が2ベースで出塁するとナバーロもヒットで続き、
3回表、また隼太が2ベース(ファースト松山のエラーぽいのはさておき)、ナバーロが四球で続いた。
6回表、隼太が一度もバットを振らず四球を選ぶと、今度はナバーロがヒット。
7回表、隼太がまたヒットで1,3塁になった。ナバーロはこのランナーを還すタイムリー。

ね!ね!6打席のうち、実に4つもこの二人グラウンドでも一緒にいるんですよ!
ナバーロは隼太についていきたいのか、それとも隼太なんかに負けるかって意地なのか!?(笑)
快勝に絡みまくった二人の共演が楽しすぎたのですが、ええ、間もなく糸井も福留も戻ってきますので、解散です(笑)。
しかし、隼太は狙ってんの?3回表に二度も松山に。二度目はほんとにエラーになったしね(笑)

3回表の猛攻の中に埋もれてしまいそうなので早めに書いておくと(早くはない、散々隼太)、森越やっと今季初ヒット出たー!
そしてなんとなんとこれがプロ8年目にして初のタイムリーヒット!
プロ初打点は、昨年9月のDeNA戦で押し出しの四球を選び記録していたが、タイムリーヒットは初なのだ!森越おめでとう!

そして中谷!
2回表、無死1,3塁であのバッティングはナイわ~と思ったけど(笑)、3回表、一死1,2塁からの3ランホームランは、お見事というか挽回!(笑)
昨年の20本よりこの4号ホームランの方がぐっと値打ちあるね…ってそんなわけないぞ。
さぁあと16試合。16本打ってもらおう。

しかし、先発が藤浪だとこういう試合になるのはなぜなのか。けしからんよね藤浪ってヤツは。また大量得点独り占めして(笑)
6回しか投げられなかったこと、四死球合わせて5つ。
ウイニングボールをスタンドのファンに投げてあげてしまったのはこのへんの理由かな。野手に勝たせてもらったから。
だけど、あのめちゃめちゃいい天気見てると、藤浪を見捨てない神様はちゃんといるって思う。前二日間みんなどんだけ悪天候やったか!(笑)
次は藤浪のピッチングで勝とう!

藤浪まで含めて先発全員安打の中、陽川だけがヒット出ず。別にいいの!みんな打ってるときに打たなくても!
それより死球は二つは痛いね。負けないで陽川!

さぁみんな甲子園でも暴れてもらおう!

Posted in コラム | 大量得点で藤浪勝利! はコメントを受け付けていません。

連日の大雨強行

〈9/21 広島 7-3 阪神 (マツダ)〉

:一岡
:能見

原口が左手小指の骨折で登録を抹消された。
負傷したのは14日にまで遡る。投球を左手に受けていたがそのままプレーを続けていた(判定はファウル)。
その翌日も代打で出場したが、デッドボール。15日から抹消されるまでの5試合の間、デッドボールは二つ。ヒットは出ていなかった。
桧山さんの持つシーズン代打安打の球団記録「23」まであと1。
原口のことだから、ボロボロの身体でも出続けることを選んだのは、記録のことよりも、試合に出ることにこだわったからだったはずだ。
万全でないのに出ることに賛否はあろうけど、打席に立つチャンスが目の前にあるのに自分からふいにしたくない、という原口の思いまで否定するファンはいないだろう。
原口、いけると思ったらすぐ戻ってきてね。

万全でない人といえば、糸井。
大雨の中の外野守備は見ているだけで怖かった。足の骨折はまだ癒えていない。あの芝生の上でプレーすることがどれほどの負担になるかって、それは想像を絶する。
第一打席で、節目の1500安打目を打った。
大卒で、しかも投手だったことを考えるとすごい記録だ。
「4番だから」とか「FAで来ているから」とか、普段から糸井が口にするのは自身に課す責任。
2000本、達成してくれないかな。タイガースで。

そしてまた守備で魅せてくれたのが、森越。
5回裏、小野のグラブを弾いた菊池の打球を、最短で捕球。体勢崩しながらのスローイング。
菊池のヘッスラとどちらが速いかとリクエストによるリプレー検証となったが、スローになると迷いないアウト。
ほんとにうまい。なのに6回の守備から代えたのはなんで?打てばゴロばっかり打ってるから代打ならわかるけど。
代わった植田海がタイムリーエラーするというのも、ここまでくると逆に出来過ぎなのだ。

雨を言い訳にしない能見さん、かっこいいね。負け投手にかける言葉ではないのかもしれないけど。

頑張ってる人、めっちゃいてる。
優勝できひんかったのが不思議なぐらい(笑)

さぁ次だ。目指すものはまだあるのだ。

Posted in コラム | 連日の大雨強行 はコメントを受け付けていません。

二日がかりの勝利

〈9/20 広島 4-5 阪神 (マツダ)〉

:才木
:ドリス
:ジョンソン

試合開始は1時間9分遅れ。
試合中にも1時間以上の中断。
雨は時々強くなりながら、水を浮かせていった。

でも。

やらなきゃならない。
すべてはタイガースの日程消化のために!!シャキーン!ってね…ほんと怪我するよ。走れない芝の上を、強い大粒の雨に顔を向け飛球を追う。
でも、5回はやる。夜10時を回っているが、雨もやまないが、とにかくやる。というのが今日の連盟の判断。
ならば、5回終了時にはまだやんでいなかった雨とグラウンド不良で、終わりにしても良かった。

カープは、中断後の3回表のマウンドにジョンソンを上げることはしなかったし、外野に飛んだ打球も誰も無理して深追いしないし、タイガースペースで試合は進んだ。
(…ってこれをタイガースペースというのか…)

5回裏の才木が3人打ち取るのが早いか、雨がさらに強まるのが早いか…早く終わろう…
丸ーーーいらんーーーやめてくれーーー
(↑タイムリー打たれている)
ああああああああああああああ
(↑鈴木に2ラン打たれている)
そんなこんなで1点差に詰め寄られたが、3アウトとった!
夢にまでみた
\試 合 成 立/

さ。みんな帰ろ帰ろ!
???
まだやるんかーーーい!!(;∀;)

5回を終了してグラウンド整備をしている頃かな…何度も勝手に大きく口が開いて、涙が出るんだよ…
お風呂もまだなのにね…あっ、能見さん三者凡退かっけー(ふわぁー…

ズバーン!
7回裏、一死1,2塁でマウンドの桑原ピンチだったが、丸を見逃し三振にとった。
この次の鈴木誠也も、ズバーン!!
あかん!桑原かっけー!!自分でピンチ作っておいてこれは卑怯だ!(笑)

そして9回のマウンドには1点差のドリス。
菊池、丸、鈴木の怖いところだったが、ここは3人で終わり。
「夜中12時に投げたこともあるんだぜ」って自慢できるよ。なんか羨ましい(笑)
30セーブ目は忘れないね(笑)

で、夢にまで見たゲームセット!
か、か、かったぁぁあー!!
才木、あの雨の中よく投げた!
ものすごく長い「5イニング」、本当に怪我しなくて良かった!

そして(もう忘れていたけど)ナバーロ3号よかったでー!

試合が終わったとき、日付は変わっていた。
雨は、止んでいた。
長い試合だった。

…さ、日記書こ……

Posted in コラム | 二日がかりの勝利 はコメントを受け付けていません。

><

〈9/19 ヤクルト 9-4 阪神 (神宮)〉

:大下
:岩貞

現在、メッセは右肩の、秋山は下半身のコンディション不良。
どちらも実戦復帰の目途が立っていない。
試合のなかった翌日、つまり今日の新聞の見出しには、メッセと秋山が今季絶望的だと書かれていた。

これは、タイガースファンなら皆必ず一つは持っている安全装置が、スポーツ新聞の記者さんの分は早めに作動したのではないか。
そう思っておいた方が、残り20試合これ以上絶望せずに済むと。だから、心優しき記者さんたちは、ファンの装置も作動させるべく記事にしたと。

だが、もう我々ファンの安全装置はとっくに動いていたのだよ。
メッセも秋山も戻らない。
だが、藤浪は戻ってきたぞ!とっくに切り替えは済んでいる。
この切り替えが合ってますように><
私の安全装置がポンコツじゃありませんように><
メッセも秋山もダメだって思わせておいて戻ってくるパターンのやつでありますように><

森越が今季初出場、初スタメン。
さすが守備の人。
一つは1回裏の横っ飛び。アウトには出来なかったが、止めて起き上がってからの確かなスローイングが心強かった。
もう一つは、2回裏。坂口のセンター前へ落ちそうな打球に、ジャンプしてキャッチ。
うまい!!
あとはやっぱりバッティングか><
でも大丈夫森越!
心配なのはあなただけじゃない!

><

Posted in コラム | >< はコメントを受け付けていません。