監督案件。

〈6/5 ロッテ 5-4 阪神 (ZOZOマリン)〉

勝:岩下
S:益田
敗:青柳

ザザーーッ……


昨夜の感動の涙が、引き潮のように引いてゆくさま。
「海」だけに。
ププーッ!(。 >艸<)

…ええっと…笑って明日にしたいと思う。
なぜなら矢野監督が、「当たりゴーの指示を出した」監督自らの責任だと言っているのだ。

ぶっちゃけ、ヘタなウソついてるかなぁ、と思わないでもない。矢野監督がかばったと。
いや、これが仮に本当にサインを出していたとしても、外野に飛んだライナーで、代走で出ている足のスペシャリストが走ってよかったのか?と疑問が残るので、やっぱり矢野監督、つくならもうちょっとマシなウソをついてほしいし、何より、これがウソじゃなかったとしたら、それはそれで「マジすか」「なんですか」ってなる話だ。

本当のことはきっとわからないままになるので、笑ってやり過ごすのが良いかな…というわけでザザーッ…海だけに、となるわけですよ(2回も言うたでこの人)

どっちにしろ、海くんは、矢野監督にえらい借りを作っちゃったなぁ。
コツコツ返していこか…。

しかし、一応、天はまだ海くんを見放さなかった。
この日は福留さんは鳴尾浜にいたのだ。
\叱られない/
海くん、ラッキー☆

ということで!また明日や明日!

原口も打ってよ!(笑)

[今日のマルテ]

8戦連続安打だって!?

誰が!?

(ここマルテのコーナー)

Posted in コラム | 監督案件。 はコメントを受け付けていません。

原口の開幕戦!

〈6/4 ロッテ 3-11 阪神 (ZOZOマリン)〉

勝:メッセンジャー
敗:涌井

9回表、無死1塁。
7番レフトでスタメンの高山がバッターボックスに入ったとき突然、叫びに近い歓声が湧き起こった。
高山が「何だ?」と顔を上げ、その原因を探す。
視線の先は、ネクストバッターズサークル。
高山は納得した表情でまた打席に集中する。
背番号94。原口がそこにいた。

前日、原口が一軍合流のため千葉に向かうというニュースが飛び込んできたときから、どこか少し夢の話を聞いているようでふわふわした。

今年1月24日、原口は大腸がんを公表し手術をして、キャンプを全部休んだ。
プロ野球選手なら誰ひとり休むことなく練習に励む時間、原口は病気と闘った。
体力、もしかしたら気力だって、どれほど落ちただろうって、想像を絶する。
毎日鍛えて練習してたって、一軍にいることは難しい世界。ファンも原口がここへ戻ってくれることを望んではいても、「いつかきっと」という以上の想いを持つことは封印していたように思う。

高山は空振り三振となったが、この間梅野が二つコマを進め、一死3塁。
代打原口のコールに大歓声。
原口はスタンドに何度も頭を下げ、それから打席に入った。
タイガースファンが、応援歌を口にする。
原口は初球から振っていった。
スタンドの応援歌は、マリサポの応援にも全くひけをとらない大音響。
梅野ね、原口に少しでも楽にバッティングさせてやろう、犠牲フライでも打点つくからって、三盗してくれたかな。原口はどう感じていたかな。
4球目、甘いスライダーに原口は反応した。
原口らしい力あるスイング、打ったボールはあっという間にレフトのフェンスを直撃していて、タイムリーヒットになった!!
打った原口は、セカンドへ無我夢中のヘッドスライディング。
すごいな。すごい。原口、すごいよ。
誰か私に、すごい以外の単語をください。
それと、箱ティッシュ…!
涙と鼻水で、息するのも苦しい…!
嬉しいよ。なんでかな。頑張ってる人が報われる、そうあってほしいって思ってて、その願いが叶ったからかな。

原口の打ったボールはグラウンドからタイガースベンチに戻してくれて、矢野監督から原口の手に。
ベンチで出迎えてくれるみんなの笑顔があったかい。

原口おかえり!

これからはまた一軍の戦力として応援してます。
だから怪我してもらっちゃ困るのでヘッスラはこれっきりにしてな!(笑)

あと、これだけはどうしても…!
千葉ロッテマリーンズのどなたさまでしょうか!
ヒーロインタビューにビジターの選手二人も出させてくれるなんて、初めて見ました。
確かに今日のヒーローは梅野であり、でも原口もヒーローであり…
なので、こんな素敵なご配慮くださってありがとうございました!
タイガース関係者があまりにも無茶言うんで…とかだったら謝りますね!(笑)

糸井!ごっついホームランありがとう!
メッセ!なんとか勝ててよかった!

[今日のマルテ]

原口のヒットはマルテがその回先頭でホームランぶっ放したおかげだいぶあるで!と、密かに思ってる!(笑)

Posted in コラム | 原口の開幕戦! はコメントを受け付けていません。

大勝!…からの渋めの逃げ切り…!

スワローズの連敗は16でストップ。
これに関しては、「明日は我が身」と思っているので他人事とも思えず、かといってスワローズ応援するわけでもないし、ただ「あー」と口を開けていた。
そんなとき、ある人から「明日突然16連敗にはならんから安心しろ」と言ってもらったのだけど、説得力あるのかなこれw

〈6/2 広島 5-7 阪神 (マツダ)〉

勝:ガルシア
S:ドリス
敗:アドゥワ

「7点」の男ガルシアがマウンドに上がると、本当に2回、きっちり7点をとった。
0-7のスコアで6回裏。

が、な…!
あんなことってある!?

2連打から四球で一死満塁。
絶不調の田中広輔にレフト前へ運ばれ、レフトスタメンの高山あんなに慌てなくていいのにホーム返球が大きく逸れ、ランナー2人が還り、その間に一走小窪も3塁へ。
2-7。
長野は三振にとって二死2,3塁としたが、次の野間、内野ゴロ…のはずだったが、ショート木浪下がって捕った分、一塁送球セーフ。マルテ、二走刺そうとサードへ投げたがこれ悪送球也。
フェンスに跳ねかえって転々とするボール大山拾って、ホームへ投げるがこれも遠く、梅野が弾いている間にランナー余裕の生還。梅野が弾いたボールはガルシアがサード大山へ投げたが大山戻り切れておらず、打った野間は3塁へ。
投げた先で全部セーフになっとる!
菊池に四球を出しバティスタ、レフトへのタイムリーヒット。これで5-7の2点差。
なんじゃこりゃ!!
プロのカメラが追い切れてないのに、こんなもんワシの技量で書けるかー!こんな読みにくい文章ないわ!(え。いつも?)

ええ、7点できっちり余裕かましてましたよ、私。
それが昼間っからこんなに絶叫する羽目になるなんて…!

あとアウトひとつがとれない。
矢野監督はようやくガルシアを諦めた。
ランナーが2人もいて2点差。
バッターは、4番鈴木誠也。
一打同点どころか逆転だってある。
マウンドに送り出されたのは、守屋。
矢野監督、なかなかの鬼(笑)
だけど、守屋が適任だとも思った。
守屋ならいい意味で余計なことを考えず梅野のミットだけめがけて直球投げ込むだろう。
ぶち破りたいことは「今までの自分」。
さぁ行け守屋!カウント2ストライク。4球目、外ストレート!鈴木誠也見逃しの三振!!
守屋がやった!!
すごい度胸満点のマウンドに見えたから、守屋がふーっと息を吐いてベンチに戻る顔に、あ、キツかった?なんてやっと思った。
ガルシアにいいもの奢ってもらって!

心配した糸井がライトでスタメンだったのだけど、(余裕の展開のはずだったので)6回裏の守備から中谷に代わってて、これ実はとても運がよかった。
8回裏、ライト前の打球に中谷、ダイビングキャッチ!
真正面に飛ぶダイブ、難しいプレーだったけど、中谷はうまいな!
これでやっと今日、大丈夫な気がした!
「アゴは大丈夫」っていうジェスチャー見せて笑う余裕も(笑)

ヒーローインタビューは梅野!
2回7得点の口火を切ったホームランといい、打線も引っ張り、ピッチャーも引っ張り、充実したその顔、いい!

高山!久しぶりのスタメンで、また有り得んボール球打って猛打賞!インコースはもう打てないとこないな!

そして代打鳥谷!フォアボールの取り方には格の違い見せつけられたよ。

さぁ交流戦だー!楽しんでいこう!

[今日のマルテ]

ガルシアが登板する日は、マルテが目立つ。
普段より頑張ってる気がする。
声掛けもいい。
キリキリ怒ってるガルシアを笑顔にもする。
天使だ。

Posted in コラム | 大勝!…からの渋めの逃げ切り…! はコメントを受け付けていません。

ぐぁあああ!ぶぉおおお!

〈6/1 広島 7-2 阪神 (マツダ)〉

勝:ジョンソン
敗:岩田

ヨシオ…そりゃ時々は休んでほしいと思っていたけど、よりによって福留さんが抹消された日に揃って休むんじゃないよ…早く帰ってきてな…

さて。

岩田の交代を告げに出た矢野監督に、タイガースのキャップかぶったおっさんがネット裏から罵詈雑言を浴びせた。矢野監督がこれに応戦。
今まさに試合をしている最中だ。監督が野球以外のところで全く無駄にエネルギーを消耗してしまわなければならない事態を、「野球の試合」を見ている側としてはたまらない気持ちになる。

あのおっさんのせいで負けた。
打たれたとか打たれたとか打てないとか打てないとかじゃないと思うわ。
もう絶対そうだ。(それでお願いします)

長坂、プロ1号ホームランおめでとう!
それだけは言っとく!

[今日のマルテ]

福留抹消。
糸井さんコンディション不良により休み。
よって、マルテ3番!
タイムリー打って活躍したんだぞ。
フンだ!
(まだ怒ってる)

Posted in コラム | ぐぁあああ!ぶぉおおお! はコメントを受け付けていません。

あと少し、まだここから。

〈5/31 広島 2x-1 阪神 (マツダ)〉

勝:レグナルト
敗:能見

2回裏の守備には就いていたが、チェンジとなりベンチに戻ったところで奥に姿を消した。
福留が右ふくらはぎの異変を訴え、3回裏のレフトには中谷が入った。
長引くし、クセになるところなので、一旦抹消するかな…
福留離脱は痛いけど、休ませるのが長いシーズンを見るとチームにも福留にも最善の策。
一方で、さぁ、外野のポジション一つ空いたぞ。
江越チャンスだ。(名指し)

西は今日も1失点のみに止めて7回を投げ試合を作ってくれた。
なのにあのままなら勝ちをつけてやれないどころか負けをつけてしまうところだった。
本当に危ないところだった。
その代わり能見さんが、ジョーカーを引いてしまう。
そんなカード、チームで回すな…

ただし、相手は三連覇し、今年もまた首位独走をしかけるチーム。
かたや昨年最下位に沈んだチーム。
負けはしたが、負け方が今までとは違う。
今までなら1点とられて、打つ方は何もできず、思考は停止し、追加点とられてダメ押しされて、あっさり9回表も3人で終わって、サンテレビが時間を余らせたはずなのだ。
(振り返りひどい)

それをさせなかったのは、9回表、先頭上本。
この日ヒットが出てなかったが、ここでレフトへの綺麗なヒット!
頼みの糸井大山が力ないフライに終わってしまい、あっという間に2アウトになってしまうのだけど、あの高山がいる!
中谷の代打で打席に立つと、2球で2ストライク。
ゲームセットまで「あと1球」というというところから、ファウルで粘って、
出た!!ヘンタイ!!首の高さまであったボール球を打って、ヒットにしてしまう!!ドヘンタイ!!
先頭で出ていた上本が二死とはいえよく三塁まで行っていた!
で、梅野だ!ショート田中の飛んでも追いつかないところ破ってタイムリー!!
同点!!梅野すげー!!
代走に出ていた植田海がサードベース上でホームへの準備運動をしている!
ここでマルテ!
が。
止めかけたら止まれなかったので当てに行ったけど当然間に合わなかった、という中途半端すぎるスイングで空振り三振。

「なにそれ」
ベンチの高山の口がはっきりそう言った。
そんなん言わないの高山!思ったけど!
。・゚・(*ノД`*)・゚・ウェーン!

結果的には、この回で決めておかなかったのでサヨナラ負けを喫した。
だけど、今のタイガースは今までとは違う。
やばい!カープに警戒されてまう!(笑)

鳥谷。
延長戦で見せた2ベース。
やっと出た…嬉しい…
ベンチからガッツポーズせまる野郎に、もちろん鳥谷は返さない。当たり前だ。鳥谷だぞ。(笑)
さぁ鳥谷!シレッとあげてこ!

[今日のマルテ]

連勝が続くので試合前の声出しはこの日もマルテ。
「出てこいや!」とモノマネしてベンチ前がドッと沸く。

また、マルテで連勝するその日を楽しみにしてる!

Posted in コラム | あと少し、まだここから。 はコメントを受け付けていません。

快勝で巨人戦連勝!

〈5/30 阪神 5-2 巨人 (甲子園)〉

勝:高橋遥
S:ドリス
敗:ヤングマン

先発投手が7回を投げ、被安打4奪三振9、2失点の好投。
得点圏にランナーがいれば、4番バッターが先制、中押しのバッティング。
8回9回は盤石のリリーフと抑えで反撃許さず試合を締めた。

…こんなウマイ話、どういう新手の詐欺かと思うわ…。
仮に騙されたとて、いい気分にしかならん。
嘘やったんかい!ってなってもそれこそ日常の阪神…

何が言いたいって、巨人に快勝って言いたい。
(楽しい)

遥人!
2回に大城に2ラン打たれたとは言え、それだけだ。
遥人、案外身長高くて181cm。幼く見えるが、マウンドの背中が頼もしい。
6回なんてもう…!
絶好調の坂本にヒットで出塁されたが、そのあとの4番丸を空振り三振!…と同時に、梅野が坂本の盗塁を阻止。
そのあと岡本も空振り三振に!
坂本、丸、岡本…やで?
遥人の神経疑うよ(笑)
この時点で球数は99だったが、この回を乗り切ったことで、7回のマウンドにも遥人があがった。
巨人が相手だからって、いいとこ見せようなんて矢野監督め(笑)
遥人のピッチングとヒーローインタビューのギャップがすごいのだけど、どっちの遥人もやめられません(笑)

大山!ナイスバッティングでーす!(笑)

初回の3ランは、アウトハイを撫でるように打った。レフトフライかと思ったらそこは風の運び屋がたむろするエリア。重力より風が勝ち、大山の飛球をレフトポール際に運んだ。
ヤングマンは、なんやねん!と、ショックだったと思う。
けれどこれも甲子園をホームにするチームの正攻法。
やっと、やっと、甲子園がホームになってきたかな(笑)

[今日のマルテ]

試合前円陣の声出し3試合連続!

マルテはマルチ!

Posted in コラム | 快勝で巨人戦連勝! はコメントを受け付けていません。

代打高山サヨナラ満塁ホームラン!

〈5/29 阪神 8x-4 巨人 (甲子園)〉

:藤川
:桜井

無死満塁なんかチャンスなもんか。
(↑ 11回裏)

やや長めの球児回を経て、負けのない延長12回裏。
いや待てよ、いきなり12回って飛び過ぎか。
坂本、200号HRおめでとう(棒)
坂本って、誠志郎じゃない方ですけど。
誰も迷ってないけど。
ならいいけど。

えっと、私は、今日こそ、誰が何と言おうとマルテが良かったと思う!!
試合前の「サァイコウ!!」の声出しに始まり、猛打賞に、同点ホームランの大活躍。
打ったときのマルテのバット、急に長くなるよね(ならない)

セカンドでスタメン起用の上本が1点差に迫る2点タイムリー2ベースを打ったのも、それに上本にそういうチャンスで回ってくるところも良かった。

28日に誕生日だった能見さんが1日遅れの勝利投手になるもんだと思って準備してた。
(日記方面)
(書きました)
(消しました)
じゃあ、マルテか、近本か、代打鳥谷か、糸井ぃぃー…
(めくるめく消しました)

時間だけが過ぎていったが、今日もタイガースのリリーフ陣は強かった。
解説の岡田さんがその順番、つまり「8回」にジョンソンを出し惜しみしたことに不満を漏らしていたが、本当にその通り、守屋が余計な追加点を献上してしまうなど、代打にしても中継ぎの展開、バント…などなどについても、実は一手違うってが多かったのだけど、選手たちはそれをなかったことにしてくれた。

代打で言えば、出し尽くした感のあるところで、高山だった。というか本当に野手は残っていなかった。

高山、2ボールから。体が回った!いつものヘンタイ打ちじゃない!
夜10時をとっくに回っていたから鳴り物応援もなくて、だからか綺麗な「カンッ!」っていう音がテレビの前に響いた。
大きな弧を描いた白いボールが、ライトのポール…切れない!!

高山、代打サヨナラ満塁ホームランだ!!!!

1点で良かったけど4点!お釣りちょうだい!明日に回したい!(笑)

シーズン前にね、年俸の下がった高山に記者会見で質問したサンテレビのディレクターさんがね、高山のサヨナラホームランが嬉しいって喜んでた。誰かのこと特別に喜ぶ人じゃないのにな(笑)
それ聞いて、私ももっと嬉しくなった。
6大学野球のドラ1エリートが、びしょ濡れになって笑顔で矢野監督に抱き着いてるの、いいね。
その調子。
守備もがんばれ(笑)

[今日のマルテ]

ボルトみたいなかっこいいポーズ、あれ、ボルトでもなく、はたまたデストラーデでもなく、ドミニカの芸人さんのギャグだそうだ…
マルテ、ウケ狙ってたんかと思うと愛しさが止まらない…w

Posted in コラム | 代打高山サヨナラ満塁ホームラン! はコメントを受け付けていません。

ガルシア完封で4度目の正直!移籍初勝利!

〈5/26 DeNA 0-7 阪神 (横浜)〉

勝:ガルシア
敗:濱口

「先頭打者近本」がいよいよ脅威だ。
タイガースが苦手とする濱口から、いきなりホームランを打ったのだ。
私は、近本が怖い(笑)
ただ、この回はこれだけだったので、いつもの濱口なのだと思ってた。

ところが。

2回、センター神里が梅野の打球を捕球しそこなうのを見ながら、梅野走って3塁打。
無死3塁なら、マルテが(倒れても中谷が犠牲フライぐらいは)打ってくれるだろう…

ほらマルテ!!打った!!レフトスタンドへ!!2ランホームラン!!わしは信じてたで!!(どの口)
そしてランナーがいなくなったので中谷犠牲フライなわけがなく、でっかいホームラン!!
2者連続!!
ごめん!!想像してたのと違う!!(笑)
そしてこの回また近本がヒットで出塁しており、さらに2点を追加してこの回4点!

ガルシアには素晴らしい援護になった。
移籍してきたときから20勝を期待されながらも、開幕から3戦連続の7失点KO。そのあとガルシアの名を聞いたのは、髪を赤く染めた話題ぐらい…あまりにも寂しい話じゃないか。20勝期待したというのは私の中の話なのだけども。
ガルシアは居心地の悪い2ヵ月を過ごしてると思っていたから、ヒーローインタビューで、ファームの投手コーチへ感謝する言葉を聞けたのはよかったし、安心した。いい時間になったんだね。

陽気ってのもいい。
大山がエラーしたことをベンチでガルシアに謝りにきたときも「ダイジョーブ!ダイジョーブ!」と、笑って許してくれた。
さらには「ホームランすごかったよ」というジェスチャーを見せてくれた。
ま、大山は、
・ガルシアに大量援護があって
・自分がホームラン打った直後

に謝りに行ってるんだけどねw

4回裏、ガルシアは自身の悪送球でピンチになりかけても木浪のバックアップと好判断で事なきを得たことや、6回裏の糸原の好捕など、バックにもよく守ってもらった。
9回を一人で投げ、堂々の完封勝利。
被安打4…は出来過ぎだ(笑)
ガルシアようこそ!阪神タイガースへ!ちょっと遅くなったけど!(笑)

攻守ともにいい試合だった。
それは間違いなく、昨日の9回表の攻撃から繋がってる。

でね、あとひとつだけいいですか。
ホームラン打った後のベンチ前でね、マルテがボルトみたいなかっこいいポーズとってるんですけど、放送終わりのエンディングでちょっと出ただけだったからね、危うく見逃すとこでしたよ。
こんなのやるなら事前に言ってくれないか!w

海くん!初ヒットおめでとう!

[今日のマルテ]

ゲーム前の円陣の声出しは、なんとマルテが担当!
うまくいかなくてやり直し。まじめか!(笑)
2度目で大成功!

ブチヤブレ!オレガヤル!サァイコウ!!

なんやろ、、この光景だけで涙出そう。広報さんありがとう!

Posted in コラム | ガルシア完封で4度目の正直!移籍初勝利! はコメントを受け付けていません。

代打鳥谷

〈5/25 DeNA 6-5 阪神 (横浜)〉

:上茶谷
:山崎
:メッセンジャー

勝負球をボールとジャッジをされ、メッセはストライクだろと我慢ならなくて、何度も同じコースに投げた。見ていたのは梅野のグラブではなく、ストライクの箱。審判とのゲームになってしまった。
それでも、何度も訪れたピンチにも耐え、なんとか投げていたが、5回と6回で失点、6回途中でマウンドを降りた。

メッセは、同じ「プロ」としての仕事を審判にも求めるし、そして厳しい。
間違ってはないのだけど、試合には不利。
難しいね。
でも、そんなメッセが好きだ。
もうちょっと融通利いてもいいとは思うけどね(笑)

6-0で迎えた9回表。
先頭バッター近本の打球がセンターの前に落ちた。次の糸原は引っ張って2ベース、そして糸井の3ラン。
大山が内野安打で出塁して上茶谷をマウンドから降ろし、エスコバー、山崎を引っ張り出した。
梅野の打球がセカンド柴田のグラブを弾きチャンスを広げると、木浪がタイムリーヒットを放ち、6-5の1点差とする。

一打逆転の場面に矢野監督が打席に送ったのが、打率.128の鳥谷だ。
矢野監督は、勝負の場面になれば右や左に縛られないし、それに、何でも鳥谷、という人ではない。
けれど、今日、この場面は鳥谷だった。
いい賭けだったと思う。
だって拾ったら儲けもん、のゲームだ。失うものがない。
当の鳥谷はどうか。
悔しいなんてもんじゃないだろう。
またバットを振るだろう。
そしたらどうかな、他の選手は、また明日チャンス作ってトリさんに回したいって思うんじゃないかな。
あ、アイツらそんな余裕あるかな(笑)
また明日だな。楽しみ。

[今日のマルテ]

「代打マルテ」も聞いてみたかった気もする(笑)

Posted in コラム | 代打鳥谷 はコメントを受け付けていません。

1点守るリレーで勝利!

〈5/24 DeNA 2-3 阪神 (横浜)〉

勝:守屋
S:ドリス
敗:今永

[今日のマルテ]

7回裏イニングまたぎの守屋、アウトを一つとって左の代打乙坂が出たところで能見さんに交代。
内野手がマウンドに集まる。マルテは交代を待つ守屋のお尻にグラブでポンッ。
言葉はなかったが、ただ守屋のそばに立って一緒に能見さんを待った。

6回裏、ロペスから始まるベイ打線に投げた守屋。十分過ぎるほどの働きで、ベンチの思い通りの継投策に応えた。
お疲れさま、よく投げた。
マルテは何か言いかけてたようにも見えたが言わなかった。伝わる言葉を見つけられなかったのかもしれない。
もどかしいね。
けど言わなくても伝わるよ。肩を並べたマルテの優しさ…

少し暑い5月の夜。
やってきたのは、白いリリーフカーに乗った能見さん。
(脳内、白馬の王子)
長い足でグラウンドに駆けだした。
あのクルマのステップになりたい。

能見さんを待つマウンドでは、マルテが首をすくめたり、身振り手振りでめっちゃしゃべってる。
さっきの守屋のとこの反動デカ過ぎw
相手になってくれたのは上本。
「うんうんうんうんうんうんうんうん」←相槌というより生返事(笑)

福原コーチは能見さんにボールを渡して、ひと言声をかけただけで去ってった。
あとは梅野に任せたと。
かっこいいな福原。
暑かったからかな(笑)

梅野から能見さんへ業務連絡もなされ、輪が解けるとき
「よろしくお願いします!」と木浪が能見さんにペコッ。

何が言いたいって、この交代のところが、完璧だった。
こんな書いてそんだけか!でもまじです。だってめっちゃみんな、ちょうど、ちゃんと、よくないっすか!?
リレーのバトンを渡すところ。
このつなぎ目のところで、ゲームの空気は良くもなるし悪くもなる。

能見さんの神里に対しての4球目で150キロを計測したハマスタのスピードガンの個性はさておき(笑)、能見さんのストレートが走ってたのは間違いじゃないし、何より球場のタイガースファンを「その気」にはさせたよね。このままこの1点のリードを守ろうってな(笑)

能見さんのおかげで、球児の長い「8回」も耐えられたんだよ。
先頭のソトに四球を与えてから長いのなんの…
ロジンに手をやって、フーってやって、腕上げて、下げて、ちょっとかがんでジッと下見て、やっと前向いて梅野のサインずーっと制止して見て、やっとグラブ構えたら今度はバッターが外して、また息フーッって吐いて、1塁ランナー見て…1球出てくるまでがなんせ長い…!
でも球児、何があってもこのペースは崩さない。
見てる方は、やっと出てきた渾身の1球がファウルで逃げられたり、フォアボールになったりして、イーッってなってるんだけど、球児がもし一つでもこのルーティンを飛ばしたり、急ぐようなことがあったら、それはそれで全力でいつもどおりやれって言うと思う。イーッ!(笑)

そしてドリス。
先頭大和がこの日初安打。
ランナー背負ったドリス、しかもこの日で4連投。
最大限の悪い想定しかしてなかったというのに、バントで走者を進められても、ゴロの処理も正確。
大和は3塁まで行ったけど、2アウト。バッターとの勝負あるのみだ。かえって集中できてよかったのかもしれない。
何を投げても梅野ならとってくれるし、信頼もあったに違いない。
宮崎をショートゴロにうちとって、タイガース4連勝!
ちょっと待って4戦連続の1点差勝利だって!?…お、おぅ…

西、勝ちをつけられなくてごめんな!
5回裏、筒香の空振り三振!しびれた!

近本大山はナイスバッティン!

Posted in コラム | 1点守るリレーで勝利! はコメントを受け付けていません。