ろ、ろ、6連勝!?菅野に勝ったって!?

3・4月度の月間MVP賞をメッセが受賞。
タイガースの外国人選手として2度の受賞はバース以来ということです。
「嬉しいけど一人の力では取れなかった。みんなで取ったMVP」なんて…本当に嬉しいこと言ってくれるなぁ。
しかし、タイガースじゃなかったらもしかしたらもっと勝ってて、MVPの常連になってたんじゃないだろうか…「みんな」からもらったのは、勝ち星ではなく「忍耐力」なんじゃないか?っていつも思っているけど、言わないよ。おめでたい日だしね。それに、英語にはない単語だったのかな。
あ、あったわ。
Perseverance
(調べた)

なんせおめでとう ランディ!

〈5/9 巨人 2-4 阪神 (東京ドーム)〉

勝:秋山
S:ドリス
敗:菅野

5月のMVPには、秋山になってもらう!
只今、暫定MVP受賞候補筆頭であります。
なんでってそりゃ菅野に勝ったからですよ!
菅野は、今季無傷どころか3試合連続完封なんて大技を決めており、この日もし菅野が勝ったらリーグ記録52年振りの4試合連続完封という…あっ、菅野のすごさを語るとどうしてもそれに投げ勝った秋山のすごさが引き立っちゃう!)^o^( 死語になりつつあった「猛虎打線」なんてまた口にしちゃう…!)^o^(

私の母は巨人ファンなのですが、わりとちゃんと野球の話がわかる女でですね、秋山のルーキーイヤーに、「久々にいいピッチャー入ったね」と言っていたのを思い出します。「久々に」のところにちゃんとイヤミも忘れない、さすが京おんなどす。
おかーん!その「久々」のいいピッチャーは、巨人のエース菅野に勝ったよ!オーッホホホホ!
菅野は、先頭の高山に2ベースなんて許したのが誤算やったんちゃうかな。
なんてな!ワッハー!
あー言いたい(笑)

でも言いませんよ。言わないのはですね、それほど親不孝者でもない(と思っている)し、調子のって返り討ちにあうのも実績多数ですしね。現時点では、セーフです。

で、またヘンタイ打ちの高山!
なんだあの2ベース!
ヒュッて後ろ下がったよね!?
虫でもはらったんかっていうそのバッティング、何打法すか!!
虫でもはらったんか打法か!?
カットしにいったのか高山なりに打ちにいったのか…サードのマギーの後方へ転々と…!

[今日の高山さんのヘンタイ度]
★★★

このあと、北條が1球でバントを決め、糸井はカウント0-2から、ほい来た!ライト前!はっや!
三走高山は楽々生還。
この泥棒っ!!(≧∇≦)

そして、何気に調子が戻ってきた鳥谷にもタイムリーヒットが出て、2点を先制!

3回には、北條を1塁に置いて、福留のライトへの、打った瞬間入ったァァ!!のホームラン!!

これで秋山が萎縮するようなことがあれば、秋山はまた逆戻りなのだけど、もう秋山は大丈夫だった。
それどころか、心配のしようがないぐらい。
テンポもコントロールも良く…
えっ!あっ!菅野を打った!すごっ!

試合時間は、なんと2時間30分。
4回以降は、菅野のペースで投げられてしまった…(笑)

ヒーインの秋山。
受け答えが丁寧で、普通に話してることでも言葉遣いがきれいやなーって思う。
「対菅野」を過剰に意識していたのは周りだけで、秋山自身は「自分ができることを一人一人必死にやっていこう」と臨んだ試合だった。
周りにも流されず、野手への感謝も忘れず、秋山の大きな背中が一段と頼もしく見えた試合だった。

[今日のキャンベルちゃん]

代打で登場!

久々に。

Posted in コラム | ろ、ろ、6連勝!?菅野に勝ったって!? はコメントを受け付けていません。

能見さんに繋げた白星!

正直に白状しますとね、あんな大逆転の翌日ですしね、その反動でまた能見さんが悲運な目に合わされるんじゃないかって、いやあいつら、可能性全然あるよな…って、まず疑ってましたからね。

〈5/7 阪神 6-0 広島 (甲子園)〉

:能見
:九里

すまんっ!!
いやぁほんとよくやった!信じてなかったけど!(笑)
能見さんのユニのポケットに、今季初のウィニングボールがもたらされた!

新しいグラブで試合に臨んだ能見は、初回、満塁のピンチを招いてしまったが、ここを切り抜けたことが、この日の試合の流れを作った気がする。
天敵新井さんの4球目では、抜群のコースに投げたストレートで、「ストライク」をとれず、その真新しいグラブをたたいて不満を飲みこんだ。その表情は珍しく怒っていた。
ここからだ。人でも殺しにやってきたのかって顔つきに変わったのは。
一死満塁から、新井さんとペーニャを三振にとって仕事人はベンチへゆっくり戻った。

これでビビったのは三塁側ベンチではなく、一塁側ベンチだったのではないだろうか。
打たなきゃ何されるかわかったもんじゃない…
守備に就く民を恐怖政治で支配する能見さん…
しかも、アウトの内容は三振をとるか、自分で捕るか、もしくは野手の真正面に打たせてとるか…そんなすごいピッチングを続ける支配者に意見できる者などいなかった。
一人を除いては。

金本監督だ。
6回表。2アウトをとると、右の會澤のところで、能見を下げた。
能見さんは、超のつく不満顔。
そりゃ投げたいでしょう。
非情采配?いやいや、愛情たっぷり。ベンチも能見さんに勝たせたくて、必死だった。

今一番信頼のおける桑原に會澤斬りの仕事をさせると、金本監督は能見さんの元へと行き、ねぎらいの声をかけた。
能見さんはこれに対してニッコリ笑顔を返した。
サラリーマンなら見習いたい対応だ。

…と、恐怖政治の支配者からサラリーマンまで、能見さんで遊んですみませんw

そんな能見さんに勝ちをつけたのが、「陰のキャプテン」鳥谷!
4回裏二死ながら2,3塁のチャンスで打席に入った。
7球目、完全に九里の失投だったが、これにロックオンすると、引き付けてバットに吸い付かせたボールを、体の回転で今度は引っ張れるところまで引っ張って解き放った。
ライトへのそれは美しいタイムリー!

そして「陰で鳥谷が全部動いてくれている」とお立ち台で言った福留こそ、ゲームでも鳥谷を立てた。
この4回、無死1,2塁で、セーフティーバントを仕掛けていた。
失敗にはなったけど、能見さんが早い回でマウンドを降りることを想定して、とにかく早い回で1点でもいいから能見さんに預けておく必要があった。
福留は「一発」より、満塁になる手、少なくとも進塁打にはなる手を選んだ。福留の後ろには、中谷と鳥谷が続く。信頼がなければこの選択肢はなかったと思う。
「4番が繋ぐ」というこのプレーに、私は鳥肌がたった。

一緒に戦う仲間なら、何も感じない人はいないはず。
いいチームなんじゃないかって、見直した。

なんせ信じてなかったので。(笑)

[今日のキャンベルちゃん]

キャラが定まらない。

Posted in コラム | 能見さんに繋げた白星! はコメントを受け付けていません。

あいつら歴史的大逆転やりやがった!

5日のあの痛がり方見たら、「あぁあれは軽度のねんざだね!」なんて思わへん…
心配した上本は、右足首ねんざということで、抹消せず様子を見るようなので、ひとまず安心。

〈5/6 阪神 12-9 広島 (甲子園)〉

:高橋
:ドリス
:薮田

球団史上初の9点差歴史的大逆転勝利で単独首位浮上!

試合後のみんなのいい顔…なんて素敵☆
己のベストを尽くし、一時も諦めることなく、締まったゲーム!
…なーんて言うと思ったら、大間違いなのだ!!

初登板初先発、ルーキー福永のデビューは、四球もあったし、毎回2点ずつとられるタイプなんかな?ってそんなタイプ分けないし、3回は無失点やし!って何が言いたいんやろう。とにかく想定内ちゃあ想定内。4回もマウンドに上がらせてもらったのは、想定外やったけど、これはいい。福永には得たものの方が大きかった。

四球でリズム悪くなったって?そんなん諸先輩方よお、折込み済みじゃねえかよお。
福永が先頭四球出したところで鳥谷声かけにいって、腰をポンってやってあげたりして、触れてもらうと落ち着くよね人間だものしみじみ…と思ったらファウルになると予想して捕球やめたのがフェアだったとか、ランダンプレーであわやオールセーフにするとこだった梅野とか、ライト中谷の気のない返球、セカンド糸原の気のない捕球でタイムリーエラーとか、ていうかベンチ!何をしれっと4番福留下げてんのよ!「まだ」6点差なのに4回終わって捨て試合なんて1イニング早いわ!かと思えばその横で膝をかばいながらのプレーしてる糸井は膝かがめず後逸してるし、6回のファースト原口はじいて「あー…」やし、やけどもベースカバーに入った遼馬に送球してセーフやったのに、審判も絶対だれてるしアウト言うてるし誰もそれも見て見ぬふりやし、内野フライ捕っただけで「おおー」ってスタンドから声があがるような守備やし、そんなんやのにカープはなんで6回から得点できてへんねん!それはええか。てかキャンベルちゃんよ、1点差に追い付くイケイケ猛攻のさなかに何もできなかったのはアータ一人だよ(T_T)
その結果が「9点差」なんや!はー!言うたった!最後は泣けたわ!

ね、いつにもましてひどい守備、気持ちのないプレー。
試合見てると、点差以上にひどかったから、お客さんが途中で帰ってしまっても無理はない。
5回入るまで1安打やのに、解説の岡さん、「まずこのイニング2点か3点とって」とか「5点とれることもある」とかずっとおっしゃってくれてて、なんていう気丈な方か、はたまた嘘つきか…(笑)

で!!!
あるんだね!野球って怖い!
好投してたカープ岡田が5回にその前兆を見せ6回に崩れ始めると、がぜん元気になった野手陣。
待ってましたと言わんばかりの、待ってんでいいし!と言いたくなる勝負強さを突然発揮。

なんなん!!!!!!!!!!!!

高山の満塁の走者一掃のスリーベースなんて絶対、勝利の女神の好みだ。
6回に1点差まで追いついたら、もう勝てる気しかなかった!
7回、本塁クロスプレーのジャッジが、セーフからアウトに変わって、同点が元の1点差に戻っても、ここで不利になったのは、協議の17分間をマウンドで待たされることになったカープ薮田の方だった。

ルーキー糸原の正真正銘の同点タイムリーがあり、江越の本塁死があっても不屈の精神で腕を回した高代コーチの勇気と、中谷の走塁があり、梅野は3日連続の試合を決める逆転タイムリー!

なんなん!!!!!!!!!!!!

野手が打線を繋ぐと、リリーフ陣も繋いでくれた。
高橋は、反撃ムードのイケイケの中、落ち着いて流れを渡さなかった。このあたりは高橋の経験の高さにさすが!と脱帽。
マテオは、大興奮の歓声を耳にしながらのブルペン、楽しかったんじゃないかなぁ。マウンドでもそのまま!踊るように投げてたね!(笑)
ドリス!抑えてくれてありがとう!
ヒヤッとしたワイルドピッチもあったけど、ホームカバーで走者をアウトにしたのは、ドリスのファインプレー!大声出たわ!

それから、降板してもベンチで声を出し続けた福永は、監督コーチ他の選手、誰より、気持ちを切らさなかった選手かもしれない。
勝利の女神様の好みは高山だろうけど(笑)、野球の神様は福永のそういうところ、見てたんだよきっと。

総括するとですね、、、
一時は、ぜっっったいやる気なかったくせに、ほんと…あのやろーどもめ…
おもしろかったわ!(笑)

江越!今季初ヒットおめでとう!
「アウト」になった走塁、こんなこと言うと変かもしれないけど、すごいかっこよかったよ!

[今日のキャンベルちゃん]

6回の攻撃、キャンベルちゃんの三振で2アウト。ここからミラクルは始まった。
7回のあの17分の中断の間、江越の後ろでずっと、ニヤニヤキョロキョロ。
勝利の女神様ってもしかして、キャンベ…(違)

Posted in コラム | あいつら歴史的大逆転やりやがった! はコメントを受け付けていません。

ぎゃくてんしょうり!

〈5/5 阪神 8-5 広島 (甲子園)〉

:いわざき
:ドリス
:いちおか

「ゴールデンウィーク こどもまつり」と題した企画で、スコアボードには、選手名がひらがなとカタカナで掲出された。これは甲子園史上初の試みということで、審判さんの名前まで!ほのぼのした。
ちなみに、私はこういうのは全部乗る。虎ギャル応援日記でも史上初です(笑)

さて、そんなこどもの日に、ゲーム開始早々見たくない光景が。
1回、1,2塁間のゴロに飛びついて送球した上本が、倒れたまま動けなくなったのだ。
テレビで見ていた感じでは、肩を痛めたのかと思ったのだけど、試合後の金本監督は「足をひねったみたい」だと説明。
上本はまた怪我に泣くのだろうか。
今年上本が「挑む」のは「全試合出場」であり、チームにとっても欠かせない存在なので、これは痛い。
上本退場後は、上本のためにも勝ってほしいって思う反面、上本自身はどうなんだろう、とも思った。
素直に喜べるのだろうか。自分が空けたポジションに誰かが入る。自分がいないチームが勝つ。
プロ野球は本当に厳しい世界。
上本に限らず、みんな怪我しちゃだめだって改めて強く思った。
今は、上本が大事でないことを願うばかり。

代役には、この日スタメンを外れていた北條がショートに入り、糸原がセカンドに移った。
糸原、決して守備うまいとは言い難いし、ルーキーなんですよ。8回表、ピンチを拡大するエラーしちゃったけど、減点するのは酷だ。

カープも、菊池が「コンディショニングを整えたい箇所があった」と今季初の欠場。
7回裏、代打・原口がセカンド西川の後方に落ちるタイムリーヒット。菊池なら捕ってたんだろうと思うけど、ヒットはヒット。原口はこれを機会にまた調子戻してほしいな。

菊池にしても、上本にしても、そこにいて当たり前の選手が外れることのリスクをひしひしと感じた。
ただ、タイガースはセカンドなら大和もいる。中谷の内外野にしても、えらいユーティリティープレーヤーが増えたもんだな、ってものすごく都合の良い表現をして、ただ固定できていないっていう現実は横に置いて、今日は吉だったとしておく。

それにしても、序盤、先制、追加点ととられて4点の差があったゲームを、よく立て直し、逆転までした!
昨日今日の、野手たち一体どうした!?
打ったら打ったで慌てるわ!(笑)

ヒーローは今日も梅野!
打てる梅野が戻ったかな!
しかし守る方では、昨日の藤浪をリードできたなら、メッセなんて扱いやすいもんだってちょっと油断した!?(笑)
次はメッセがホームラン打たれることなんてないように!(笑)

明日は、予定されていた横山が腰の痛みにより別メニュー調整。白羽の矢は、ルーキー福永に!横山は残念だが、福永はチャンス!
甲子園でのプロ初登板初先発なんて持ってるよ!
思い切り腕振っていこう!

[今日のキャンベルちゃん]

控えの野手は、岡崎とキャンベルちゃんのみというゾクゾクする状況が生み出されたが、

何 も な か っ た。

Posted in コラム | ぎゃくてんしょうり! はコメントを受け付けていません。

『あー』

〈5/4 ヤクルト 1-7 阪神 (神宮)〉

:藤浪
:石川

「ストライクが入る球を選びながら」
ヒーインでも言ってたけど、きっと梅野がこの日一番心を砕いたところ。

ほんっと、大変やった…藤浪。
抜け球、荒れ球、高さといい…ひどなってってない!?( ̄▽ ̄;)
四球は7つ。
3回に1点を先制したとはいえ、ちっとも有利とは思えず、ただ、ストライク入ってくれって、テレビから目を逸らし、外を見る。
空が青い。
この空、神宮へと繋がってるんだ。届けストライクへの熱き想い!ストライクよ!君に会いたい!!

藤浪のヤクルト戦は、4月4日のあの乱闘の日以来。
抜けるたびに、野次もあったというし、あ、この野次って、ヤクルトファンだけじゃなくてタイガースファンからもあったのではないかと。

7点のリードをもらっても、その裏先頭中村にフォアボール。
次の谷内にも2球続けて危ない抜け球のあったフォアボール。
藤浪はここが一番あかんかったと思います。
ライトの福留さん、顔怒ってはったで…。

「みなさんの『あー』とかそういうものが聴こえてくるんですけど、結果は良かったんで晋太郎を褒めてあげてほしい」
梅野からは、藤浪を思いやる言葉が出てたけど、それは梅野自身のプレーにもたくさん見られた。

必死のリードと、4回には雄平の二盗を阻止。打てない日が続いていたけど、この日はHR含む猛打賞。
『あー』とは言わせないように、梅ちゃん頑張った。
梅野からは福留の表情、見えてたやろしな(笑)

本当に梅野のおかげだけど、藤浪は7回1/3投げたのはえらい。
解説の谷繁さんも言ってくれてる。
「フォアボール以外はナイスピッチングです」。
どういう意味かって深追いやめよう。褒められたって解釈しとこう。

藤浪これで3勝目。
勝ち星譲れとは言わんけど、能見さんと秋山に2点ずつあげてほしい。
そんなこと思う打線爆発。

「1番」の中谷がいい。
5回表先頭の打席、ガチーン!!と音がしたらレフトスタンドへ一直線。
これがスターターピストル。運動会の「クシコスポスト」が聴こえてきたわ(笑)
みんな打つわ打つわで、トドメは藤浪のタイムリー!
石川ノックアウトで、ヤクルト戦勝ち越し!

8回裏、まだ相変わらず先頭から連続四球与えてる藤浪に代わり、マウンドに上がった岩崎の見事な火消しがあって、なかなか見応えあるゲームとなった。

そして…
前日のマテオ劇場といい、神宮のタイガースファンのメンタルの強さには最敬礼!おつかれさまでした!(笑)

[今日のキャンベルちゃん]

ベンチ前でヒーイン中の梅野の後ろで、見切れる。

Posted in コラム | 『あー』 はコメントを受け付けていません。

ああ、勝てた…

〈5/3 ヤクルト 4-8 阪神 (神宮)〉

:岩貞
:山中

必由館高の先輩である山中との対決。
岩貞は、立ち上がり苦戦して、初回に押し出しの四球を与えてしまう。
昨夜の嫌な敗戦があるから先が思いやられた。
違う、思いやられた程度じゃない…負けた思いました。
結論は先送りしないタイプやわ。
でも岩貞は違った。(違うよ)
2回表、二死満塁で入った打席、結果は空振り三振だったけど、山中に8球を投げさせた。
満塁で得点できなかったことを思えば、不満に感じるはずが、そう思わなかったのは岩貞に意地を見たからかな。
2回を終わったところで51球も使ったのに、我慢強く6回を投げ、勝利投手の権利を持ってマウンドを譲った。

6回表に鳥谷が勝ち越しのタイムリーを放ち、私は目頭を押さえたわけですが、なんといっても先頭の荒木ちゃうかな、と!
この日今季初スタメンの荒木、レフトへのヒットを放つとそこは守備には難ありのバレンティン。素手で処理しようと雑なのをその目で見て二塁へいったのは集中できてていいね!今うちにそういう子なかなかいないもの!(笑)
続く上本のバントでもスタート良く、3塁セーフ!
足が武器でもそれを活かせるというのはまた別の話で、荒木は試合にも入っていたしよくわかってた。そして何より、必死だった。
何人おんねん…という候補だけは豊富な内野守備陣にあって、荒木は食い込んだ。

そして福留、4安打の固め打ち。
2回表には、1塁ベースの向こう側を左足で踏んでしまい、転倒。心配したけど9回表には、北條のヒットで2塁から激走。バレンティンのボールになった時点で、超高速&全力で腕回す高代コーチが色んな意味でなんとも鬼(笑)

直前の8回裏がマテオ劇場、そして福留の前の打者となっていた江越のバント失敗…流れはスワローズにある。そんな1点差の中、振り払ってくれたのはさすが福留。
ヒーインで「その前に江越のミスがあったんですけど、取り返してやろうと思って」と打席に入ったときの心境を語った。さすが後輩想いの福留。蒸し返す。(笑)

マテオは、大変やったなー。
なんでもないピッチャーゴロを処理して3アウトのはずが、自身のお手玉で1点差に迫られる4点目を献上。
ロジンを投げつけたマテオに、鳥谷が声をかけにいった。香田コーチは一度行ってるからもう行かれへんしね。
鳥谷にはピッチャーへの声かけにもっと積極的に行ってほしいだとかよく聞くけど、積極的もなにも、行くべきタイミングと役割の問題やって、聞くたび思うんですよね。
このときの内野は、荒木、大和、糸原、鳥谷。ほら、行った。

…とここまで書いて、マテオ以外はいかにもスカッと快勝したみたいだけど、攻撃ではバント失敗(私も蒸し返す)や、二度のスクイズも失敗など、まだまだ…
ヤクルトはノーヒットで4点。こちらが全部あげたもの。ヤクルトはヤクルトで考えなあかんけど、つまりこの日はそういう試合だったと。

糸井の右足は大丈夫?
本塁クロスプレーには珍しく怒りを露わにしてたね。

さぁ次。今度こそしまっていきましょう。

[今日のキャンベルちゃん]

山中対策で、左が並んだ!
従って本日はベンチで静かにしてました!(笑)

Posted in コラム | ああ、勝てた… はコメントを受け付けていません。

打つ方もダメ、守ってもダメ。

〈5/2 ヤクルト 4-1 阪神 (神宮)〉

勝:ブキャナン
S:秋吉
敗:秋山

さて、どこから突っ込もうかな。

プロ野球観てる視点かそれが。

2回裏の高山の頭上。捕れたはずのボールを、フェンスに背中をぶち当てながらの落球。
強い風が吹いていたとはいえ、「神宮の申し子」が泣く。
正しく言うと、「神宮の申し子系男子」好きな私が泣く。

二死2塁から、越されるのが怖くて前に守れなくなった高山の前に、谷内がうまく拾い上げたヒットで1点。

先頭打者HRの高山の1点、だからって高山それはあなたが使っていい貯金ではないよ…(´;ω;`)

7回裏。一死3塁から、「当たったらゴー」でくることが見えていた場面で、セカンドへのゴロ、上本、ホームでアウトをとれず。
守備位置の問題だったのか、一つ動作が多いのか、何にしてもそこをアウトにできてなんぼでしょ、と注文つけたい。
しつこいけども神宮の申…(略)

いや、その前だ。
糸井だ。中村に三塁打は恥ずべき。
いくら糸井の肩が良かったって、その前に全力で追ってないなら意味がないのだ。中村だって糸井の追い方見て三塁まで走ったのだし。

あっ7回を先に書いたけど、忘れてませんから!!6回裏!!
山田哲人のマウンド上へのフライを鳥谷、上本、キャンベルが追って、キャンベルのボールかと思われたが、キャンベル捕らず。
キャンベル、自分で声出してたんだって…連携ミスのレベルですらなかった。おおもう…

打つ方も散々…ゲッツーありーのあと一本ガーー!!

秋山は褒められる好投だった。
打たれてから一気に音をたてるような崩れ方をしてた弱気の秋山はどこにもいない。四球は今日もゼロ。
7回裏、ランナーを残して降板したけど、スタンドのファンからは拍手。
ん…これは前回も。
…ということは、同じか。
この拍手で考えが変わった。
前回と同じじゃだめだ秋山。

失点したのは、確かにお粗末過ぎる守備に足を引っ張られてのことかもしれない。
だけど、秋山は9回を投げられるピッチャー。
もう今はみんなそう思って見てる。
だから前回と同じじゃだめなのだ。

まだまだアッキャマン!いけるよ!

柳瀬は、厳しい場面でのタイガース初登板となってしまった。けれどこの起用を意気に感じて、私たちの力になってほしい!

[今日のキャンベルちゃん]

あのお見合いの後、守備に戻ったキャンベルちゃん、爪を触る。
それ、居づらいとき、バツが悪いとき、やるやつやん…。
アメリカも日本も同じなんだね。

Posted in コラム | 打つ方もダメ、守ってもダメ。 はコメントを受け付けていません。

跳ねかえした!これが今年の阪神タイガース!

〈4/30 阪神 3-2 中日 (甲子園)〉

:桑原
:高橋
:祖父江

先発は能見。
4月も終わりなのに未だ勝ち星には恵まれず。
立ち上がりなんやなぁ。
四球も連発して、両リーグワーストのチーム失策数を誇る我らが…あ、23個目。この日サードスタメンのキャンベルちゃんにて、タイムリーエラー発症。

能見さんが勝てないのは、制球というより配球に問題があるんかと思うのですが、でもそれって梅野がどうこうっていうより、ここまできたら2人の問題。
能見さんは、キャッチャーの考えを尊重するタイプで基本何も言わないし、マウンドで顔色一つ変えないのも能見さんのいいところではあるけども、ベンチの梅野にまでポーカーフェイスである必要はないと思う。

ま、そんなこと言って初回だけで能見に43球も投げさせたキャンベルちゃんの凡エラーはあまりにもマズすぎるねん。。
サードなんかで使うからやって?
あれは一緒ちゃうかな…(ヒソヒソ)

それとまったくもって今さらなんですけど、キャンベルちゃんに限った話ではなく、ほんと内野守備がひどい…。
なんでって、キャンプでロクにやってへんもん。そんなん。(と開き直ってみた)

なのに、試合を作った能見さんはやはりさすが。
初回さえ終わってしまえば、粘りのピッチングでバッターを翻弄した。

そして、3回に福留のタイムリーで追いついてから動かない試合をつないでくれたのは、岩崎、桑原、高橋の好リリーフ。

岩崎なんて、梅野中腰の構え、ストレートで平田のバット折って打ち取ったなんて、ちょっとカッコ良すぎませんか。

勝ち星は桑原に。
お立ち台では、嬉しそうではあるけども、なぜ自分がそこにいるのかわからないといった様子。
好きだなぁ。こういう人(笑)
あの真っスラにしても、「自分で真っ直ぐと信じて投げるボール。なのに曲がる。」なんだって。
ええ、まさかの2日連続の虎バン引用ですけど(笑)

高橋は2008年以来プロ2つ目のセーブ。
ドリスが肩の張りがあって最初から休養と決まっていたから、ここを投げてもらえたのは大きかった。

そしてなかなか(いつも)思うようにいかない攻撃はどうかって、3回裏。
能見さんが四球で出塁すると(←珍しくもないのでサラリ)、上本ですよね!あの粘りの四球は本当イヤ!(笑) この回得点できてるのって、上本の功績によるところがあまりに大きい。
続く糸井はファーストへのゴロで、ベースカバーのジョーダンと競争になったけど、糸井足速っ!!ってみんな知ってる!!
そして、満塁で福留。
投球後体が流れるジョーダンの足元を抜けていく、綺麗な一直線!
これで同点!

さぁ、あとは誰でもいいからヒーロー来い!の状態で、私が待ったのは、北條。
キャンベルちゃんのエラーのせいで、ショックの上書きされ、忘れかけていたけど、この日の楽しみは北條なんだ!
せっかくまた上本が出塁してるし!8回裏!
2ストライク、追い込まれた北條。
得点圏打率は両リーグワースト!?
知るかそんなもん!さぁ行け!
外高めの真っ直ぐ!逆らわず打ったぁ!
やったね北條!!前日のミス取り返した!!

打った北條の1塁ベース上でのホッとした表情と、ベンチの嬉しそうな顔、まだまだ強めの日差しに照らされたスタンドの景色が眩しかった。
小さな子も、おっさんも(笑)、みんな虎のカブリモノかぶったスタンドのタイガースファンが愛おしかった。

野球っていいな。たまらん。

[今日のキャンベルちゃん]

とんでもないエラーをしてしまい申し訳ございません。
ですが、鳥谷と併用したことに異論はございません。
ここに遠慮があってはチームは成り立たないのです。

だからこそ、代打でのヒットお見事!鳥谷!

Posted in コラム | 跳ねかえした!これが今年の阪神タイガース! はコメントを受け付けていません。

負けたって次が楽しみ。

〈4/29 阪神 3-6 中日 (甲子園)〉

:三ツ間
:田島
:ドリス

1回表。
先頭、亀澤の三塁線。鳥谷は逆シングルでグラブを差し出すも捕れず。グラブに当ててるだけに苦いプレー。
続く京田には、先発青柳、出たなストレートの四球。

今日もアカンわ…思いました。

なのに3番大島、セカンド上本のところへのゴロ。
これが4-6-3のダブルプレーとなって、大島どうした!これはタイガースいいプレー。足の速い大島からゲッツーをとれたなんて、しかも内野守備の華「4-6-3」

でも、まだまだ。3塁まで進んでますしね。

ほらね平田に難なくタイムリー。
そして、このあと、ビシエドのショートゴロで北條は大悪送球。
悪送球言いますか、悪霊でもおったんか思いました。カメラマン席に。目がけて投げてましたもん。
これがボールデッドの2,3塁となり、藤井の内野安打で、2点目。
続く堂上には、梅野がなんとか捕ってくれたけどあわや暴投の制球難を見せる青柳。
あぁもうこれは「あと1つのアウトが遠い」やつ…

と思ったら!!!!

堂上の左中間への当たりに、この日もスタメンのレフト中谷、飛んだぁあ!!
しかも捕ったぁぁあああ!!!!

タイガースファンをネガティブ思考から超バリバリポジティブ思考の大空へと解き放つ、ファインプレー!!

ノッた中谷はほんといい。
1回裏、先頭の打席では、センターへのきれいなヒットを打ち、バルデスの出鼻をくじくことに成功。

糸井の同点2ランは、浜風とは違う不思議な風のしわざ。
ライトフライのはずがふらふらと舞い、落ちてこないと思ったらスタンドにぽとり。
それでも糸井の甲子園初ホームランは、スタンドを沸かせた。

でも、負けてしまった。
北條は、初回のエラーと、9回には、鳥谷との連係が合わず、目立ってしまう結果に。
だけど、3回裏の打席では、食らいついて初回のエラーを取り返した。
レフト藤井が飛び込んだが捕れずの形だったけどヒットはヒット。

なんで第一打席の北條が一人だけヘルメットがウル虎仕様でなかったのかわからないけど、ベンチでは江越も笑い、大和に至っては大笑い。
あんな最悪なはずの初回のベンチのムードだって北條のおかげなのだ。

試合後は、多くを語らず居残り練習に向かったのだとか。

頑張れ北條!
今はまた次の北條が楽しみなだけだ!

あと岩崎と桑原に言いたい!

岩崎は無死2,3塁からの6回表での登場。
バットに当てられたら1点、それは仕方ない場面だったのに、無失点で切り抜けた!
桑原は、平田、ビシエド、藤井という嫌なバッター3人斬り。

ありがとう!

[今日のキャンベルちゃん]

「こんなにスゴイ声援の中でプレーしたこと無いから
この先何百試合とタイガースでプレーしたい」

来日初タイムリー、初お立ち台の27日試合後の「虎バン」インタビューより。
(泣ける…)
(なお、他局)

Posted in コラム | 負けたって次が楽しみ。 はコメントを受け付けていません。

終わってみれば快勝!

〈4/28 阪神 6-0 中日 (甲子園)〉

:メッセンジャー
:大野

4回にキャンベルちゃんのタイムリーが出るまで、両チームとも安定の拙攻…
メッセは調子良くなかったんやなー。
だけど悪くともハーラートップの4勝目。
梅野をねぎらい、2人とも最高の笑顔。
いい光景…梅ちゃん、嬉しいね…(´;ω;`)ブワッ

そして、この日中谷スタメン。しかもファーストではなく、レフトで。
すぐにリベンジのチャンスが与えられ、しかもポジションまで考慮されて…
…これであかんかったらどんな仕打ちが待ってたんか思うとw
中谷も一緒の思いやったんかな!!ホームラン打ったー!!そらもう必死やんか!!(笑)

ほんとよかった!中谷が無事で…!(笑)

そして、今日もまた(まさかの)活躍!キャンベルちゃん!
「2ストライクとられていたけど、ボールを手元まで呼び込んで逆方向に打つことを意識したよ」って…そんなんできるんですか!あー驚いた!(笑)

シーズンずっとの好調は続かない。
でも、誰かが調子を落としてもそこにすぐ入れる人がいて活躍してる。
バッティングで結果は出てなくても守備で、内野ではなく外野を守ってくれた大和のような素晴らしいプレーヤーもいる。

役割も打順も毎日多彩。まだ慣れないけど、うちは全員で行きますっ!っていうスタンスで、もうそれで行きましょうか(笑)

[今日のキャンベルちゃん]

守備位置に就くときに、スタンドからキャンベルコール。
帽子を浮かせて、ピコッ(お礼)

そんなもんじゃだめだって、誰か言ってくれた?
ちゃんととって笑顔を見せた。
いいぞその調子!

Posted in コラム | 終わってみれば快勝! はコメントを受け付けていません。