雨天甲子園で敗戦。

〈6/7 阪神 2-3 日ハム (甲子園)〉

勝:有原
S:秋吉
敗:西

天気予報も雨で、朝からやっぱり雨。
この日を流すと、予備日である10日の月曜日に試合をすることになる。
9連戦となってしまうので、それは避けたい。
営業的に見ても、中止から二日後、しかも月曜日のチケットを売ることは難しい。
なおかつ、10日は楽しみにしてる飲み会がある。(わしが)(知らんがな)

とは言え、中止だろうと思ってた。
きっと多くの人がそう思っていた。
あの男たち以外は…
そう、その男の名は…阪神園芸。(ドーン)

雨が抜ける時間というのが予報でわかっていたとはいえ、定刻18時の試合開始に合わせてくることができるのは、言い尽くされているが、さすが阪神園芸さん。
そして、その阪神園芸さんの活躍がハイライトだった…というゲームになってしまった。これも定番になりつつあるのが辛い…

7回投げた先発ピッチャー、自責点ゼロ。
これで負け投手になるのだから、野球って怖い。いや、私はタイガースが怖いw

2得点は、一死満塁内野ゴロの高山の1点と、有原の暴投での1点。
失点は、3失策すべてが失点に。
エラーのつかないミスもあった。
グラウンドコンディションの悪い状況での投手戦、ホームチームが有利のはず。がモノにできなかった。
敗因は守りの技術の差なのだと思った。
現在、59試合目で失策数はリーグ最多の52。
なのに不思議なことに、この試合で3位に後退したとはいえ上位争いを出来ている。
てことは…ミスを減らせばいい。
なんだ!練習すれば勝てるじゃん!
うおおー!

PJ、登録抹消。
登板が重なったことによる疲労を考慮したもので、最短10日で再登録を見込んでいるとのこと。
悲観的どころか、今ジョンソンを抹消してもやっていけるだけのピッチャーが揃っているという証しだ。
球児や能見さん、守屋や島本に加え小野までもが中継ぎの戦力に。抑えは不動のドリス。
この公示が出たとき、PJ故障?と一瞬心配したが、すぐにその理由が明かされ、心強いピッチャーの顔がずらりと浮かんでちょっと楽しくなった。

原口甲子園おかえり!
大歓声に迎えられてバッターボックスに入って、ヘルメットをとって一礼。
原口には甲子園が似合うな!
結果は空振り三振だったが、今日はここへ戻ってきてくれただけでいい…ことないぞー!
打たんかーい!(笑)

[今日のマルテ]

アレとアレは捕ってくらはい…

This entry was posted in コラム. Bookmark the permalink.